« 三菱の話 | Main | NOを言う機会 その2 »

2004.06.09

三菱の話 その2

友人が三菱のパジェロに長く乗っている。
何回か運転させてもらったことがあるが
おそろしく運転しやすくて楽なクルマ、という印象がある。

少し前、パジェロをやめるという方針を出したとき
あほか?と思った。
どういうしがらみか思惑か知らんが
会社の顔になっている車をやめるというのはアホやな、と思っていたが
違う意味でもアホな会社だったみたいです。
結局パジェロは引き続き作るみたいですが
会社自体が続くかどうかはわからなくなってきました。

クルマというのは会社を超えて
一人歩きをしてしまうものでもある、と僕は思うので
パジェロやランサーやギャランなんかも被害者の一人なんではないですかね?

たとえばミニクーパーなどは、会社がつぶれても買収されても
生き残っているたいしたクルマですねえ。
パジェロたちがそうであるかどうかは別にして
偉いのは造った人たちであって
経営者たちではなかった、ということですよね?

|

« 三菱の話 | Main | NOを言う機会 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/737204

Listed below are links to weblogs that reference 三菱の話 その2:

« 三菱の話 | Main | NOを言う機会 その2 »