« 粉飾決算 / 官と民 その2 | Main | 選挙の話 »

2004.07.01

野球の話

大阪近鉄バッファローズを買収する意思のある企業が出てきた。

ライブドアという会社がオンザエッジといっていた頃から
この会社の存在は知っていたが
IT関連企業がプロ野球チームを買おうという存在になっていたことがまず驚いた。
ヤフーも、オリックスのホームグラウンドネームを買っているが
たしか2年か3年の契約だったと思う。

これを近鉄側は、早速蹴った。
オリックスとの合併交渉が進んでいるので当然の対応とは思うが
プロ野球オーナー全体がこれを“不快”としているらしいのがよくわからない。
現状を維持したいのなら、当然検討されるべき申し出であると思う。
それを門前払いしたというのなら、
オーナー側に、合併を理由に現状を変えようという意思があると思っていいですね。
プロ球団維持は、現オーナー企業にとって共通につらいものなんでしょう。

ファンや選手や地元の側に立てば
ホームチームがなくなったり、球団数が減るのは大問題なので
成る成らんは別にして、買うてくれるんはありがたいことや!と、
盛り上がる話です。
それを納得させる理由をきちんと説明できないと
プロ野球興行自体がしぼんでしまうことになると思います。
米大リーグは、任天堂がマリナーズを買うとき波風は立ったものの
結果、日本で開幕戦やったりして新規市場開拓ができたりしてるんではないのかなあ?

何が大事と思っているのか?を考えると
現オーナーたちにはプロ球団を保有している企業としての“ステイタス”かと思う。
「昨日今日の若造に入ってこられてたまるか」俺たちはトップ企業・基幹産業なんだぜ、って。
でもインターネットも新聞も、情報産業には違いないんだけどなあ、ナベツネさん。

あと、大阪ドームは近鉄沿線ではないので、
ホームグラウンドを沿線外に移したしたことが経営の間違いなのかとも思う。
球団が勝つと新聞が売れたり電車の乗客が増えたりすることが
メリットの大部分である現状では、バッファローズ経営難は当然の流れなのか?
それを促した大阪ドームの実質的オーナー、大阪市の責任は意外と大きいのではないか。

いずれにしても、どないすんねん?と問いかけているのは
買う意思のある企業やファンであって
当の業界内部は、いま考えとんねん、待っとけや!と言っている。
行政は、どないしてくれんねん?と他人事を決め込み被害者づらしている。
傍観者にしかなっていない僕は
選手がどう思っているかをもっと聞きたいと思う。

最近やっと野球見てて楽しくなって来てるんだからさ。

|

« 粉飾決算 / 官と民 その2 | Main | 選挙の話 »

Comments

こんばんは、SYUNJIといいます。
トラックバックありがとうございました。

今日も近鉄問題は揺れてましたね。
ライブドアの社長が大阪ドームで堀江コールを受けてるのをテレビで見ました。

自分は関東の人間ですが、4月に近鉄特急で奈良から京都に移動した時、日曜午後なのに車内がガラガラで驚きました。
本業がヤバイかもしれないのに今さら球団経営やステイタスでもないだろうと思うのですが・・

「中田英寿が買う」っての、どうスかね?

Posted by: SYUNJI | 2004.07.05 at 11:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/878900

Listed below are links to weblogs that reference 野球の話:

» 資金は512億円だって [たなぼた]
プロ野球界を揺るがせているライブドアの近鉄買収計画。 チームの買収金額だけでなく [Read More]

Tracked on 2004.07.01 at 07:11 AM

» バファローズ再生について [言黙(ことだま)]
自分 [Read More]

Tracked on 2004.07.05 at 11:05 PM

« 粉飾決算 / 官と民 その2 | Main | 選挙の話 »