« どんと | Main | 景気のいいテレビ »

2004.08.10

アンチ日本のフーリガン

テレビをつけるとサッカー場で中国人が怒っていた。

国旗を焼いたりわめいたりかなりの蛮行映像が流れていたので
“やから”やねぇ、いややわ、などととぼけていたのだが
中国政府までが「日本が大げさに取り上げて政治問題にした」などと言い出したので驚いた。
おまけに日本公使の車まで壊したくせに中国国内では、決勝戦は無事に終わった、と
報道されていたらしい。
ということは一部の人間が反日なのではなく国全体がそうなんじゃないのか?

中華料理も青島ビールも好きだし
中国は嫌いな国ではないが、かなり気ィ悪い出来事である。
でもよく考えたら言論統制で非民主主義だから、国内の情報操作は当たり前ですね。
加えてあの北朝鮮とも親しいのだから、いろいろ歴史背景はあるにせよ、
お付き合いにはそれなりの心算が必要なのだな。

しかし日本にしたところで
低出生率や社会保険庁の蛮行会計処理などを隠して選挙に臨んだり
一億円貰っておいてとぼける先生方がいたりそれを追い詰められなかったり
入浴剤入りの温泉があったりするので
必ずしも民度の高い国、とはいえないのだな。

それにしても中国の強硬というか頑固というか、押しの強さには負けます。
あれくらいの勢いが外交に関しては必要なんでしょう。
以前どこかの日本大使館で、逃げ込んだ脱北者を警察だか軍隊だかに踏み込まれて
すんなり引き渡した事件がありましたが
中国大使館があんなことされたら戦争になりそうだもんね。

ところで、やから、というのは「乱暴者、無法者」くらいの意味ですが、
関西の方言なのかしら。

|

« どんと | Main | 景気のいいテレビ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/1163387

Listed below are links to weblogs that reference アンチ日本のフーリガン:

« どんと | Main | 景気のいいテレビ »