« 米軍ヘリその後 | Main | 震災のツメアト »

2004.08.29

ジョゼと虎と魚たちと

近所の映画館は、いつも2本立て。
今は「ジョゼと虎と魚たち」と「解夏」の2本。

「ジョゼと虎と魚たち」は、
音楽をくるりというバンドが担当しているのだが
実はそれ目当てで見に行った。
ところが、良いのは音楽だけではなかった。
胸締めつけられる青春の映画で、また見たいと思う。
ビデオ借りてこようかしらん。
池脇千鶴の演ずるジョゼがとてもかわいい。
ちょっと変わり者で憎まれ口をたたくところなどは
役がはまっていて女優本人もこんなかわいい人なのかと錯覚してしまいそうになる。
僕が一番気に入ったラストシーンでは、彼女はどすんと画面から消える。
こんなふうに胸が締め付けられることが、この先僕にあるだろうかと考えた。
音楽は映像にとてもよく映えていた。


「ジョゼ~」のあとに見ると「解夏」は冗長な印象を受けた。
主人公が失明を伴う病気を患うのだが、同じ病気を僕の恩師が患っておられた。
先生は目が見えなくても明るく厳しい方であった。
この夏、同窓の友人たちが教壇から退かれた先生を招待して同窓会を企画したが
残念ながら僕は出席できなかった。
今から思うと先生が説かれていたことの要は
“世の中をきちんと見る目を養いなさい”ということだった思う。
このところのメディアの報道などを見ていてそう思う。
不出来な生徒ですみません、先生。僕もなんとか生きてます。

それにしても原作者は、長崎とこの病気にずいぶん思い入れがあるんだろうなあ。

|

« 米軍ヘリその後 | Main | 震災のツメアト »

Comments

はじめまして。マモルと申します。TBさせて頂きました。ジョゼが「カワイイ」と思える人がいてうれしいです。普通あまりカワイク思えないらしくて…。誰がなんと言おうとジョゼはカワイイ。ラストは泣きました。

Posted by: マモル | 2004.12.02 at 10:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/1303965

Listed below are links to weblogs that reference ジョゼと虎と魚たちと:

» 『ジョゼと虎と魚たち』を見ました。 [日々徒然 〜なるべく愉しく〜]
広島修道大学映画研究会上映会で 『ジョゼと虎と魚たち』を見た。 見逃していたちょっと古い映画で もうDVDも発売されているが、 映画館で見ることが出... [Read More]

Tracked on 2004.12.02 at 10:08 PM

« 米軍ヘリその後 | Main | 震災のツメアト »