« 防災の日 その2 / 人災 | Main | 日本放送協会 »

2004.09.04

防災の日 その3 / 韓国の核

韓国が濃縮ウラン実験をしていたとニュースで見た。
原子力に詳しいわけでもなくわからないなりに新聞を読んだのだが
要は「韓国が内緒で核兵器の研究をしていた」と考えていいのか?
まあ別に「核兵器準備につながる研究をしていた」でもいいのだけど
「国際的に内緒にしていた」ことはそのとおりのようだ。

で、これをどう考えるか。
まず内緒にしていたという点で
朝鮮半島は北も南も同じようなもんなのだな、と思う。
すぐ北でアブナイお方が核をちらつかせているのに
同じ力を持とうと思わないほうがおかしいと思うし
事実韓国はそう思っていると思うからこそ濃縮ウラン実験をしていたのだろう。

で、日本はどう対応するのだ?
半島や大陸の方々は日本の政治家が靖国神社に参拝しただけで
「日本の帝国主義化を懸念」し、公式に「遺憾の意を表明」したりするのだが
このたびの動きは帝国主義の懸念どころか南の北化というか
アメリカのいう「ならず者国家」の入り口にいるのではないのか?

で、日本はどう対応するのだ?
安全保障だって大事な防災の問題だろう。

|

« 防災の日 その2 / 人災 | Main | 日本放送協会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/1352458

Listed below are links to weblogs that reference 防災の日 その3 / 韓国の核:

« 防災の日 その2 / 人災 | Main | 日本放送協会 »