« 好き嫌い | Main | 天花 »

2004.09.28

この世は金さ

氏家会長、計画の甘さ指摘 日本テレビ定例会見(共同通信)

9/10発売の雑誌・文芸春秋で作家の堺屋太一が
日本のプロ野球の新規参入に関して
「どれだけ赤字に耐えられるか、ということが
球団所有の資格であるかのような議論は、おかしい」と書いていた。
なるほど日本のプロ野球は企業の広告塔として成り立っていると
僕もそのように理解していたが、
利益追求をしなければならない民間企業が
赤字を当然と捉えるのはかなりおかしな言い分である。

そこへ持ってきて今日(9/27)
日本テレビのエライさんがそれにすっぽりハマった発言をしていたので
びっくりした。
やはりプロ野球チーム所有は大企業にとってステイタスであって
それを脅かす動きはとりあえず何でも嫌なんだな、と思った。
そういう態度を見せられると
プロ野球自体にみんな醒めてしまう思うのだが、どうでしょう?
その傲慢な意識に、見ている人が気がつかないと思っているんでしょうか。

|

« 好き嫌い | Main | 天花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/1538441

Listed below are links to weblogs that reference この世は金さ:

« 好き嫌い | Main | 天花 »