« お役所は二枚舌 | Main | お役所は二枚舌 《追記その2》 »

2004.10.09

お役所は二枚舌 《追記》

気になるので続きます。

カラ出張や幽霊職員の手口で
裏金を作っていた兵庫県の職業安定所職員や労働局の人たちは
もしかしたらあまり罪の意識がないのかもしれない。
「どこでもやっていることだ」と思っていて、事実そうであって
「自分たちだけ清廉潔白である必要なんかない」と思っていたと思う。
僕の想像ですが。
警察にしても、カラ出張や架空領収書で裏金を作ったりは同じことだし、
自転車泥棒犯を捏造して架空の成績を上げたりしているのは
民間でいう粉飾決算のようなもので
「どこも同じことをやってるでしょ」てなもんでしょう。

たとえば、
三菱自動車が嘘をつきまくりいまだに保身言い訳に汲々としているのは
組織の体裁と利益を守るためだと思うのです。
それも突き詰めていけばやっぱり個人の保身が目的となるんですけど
そのための手段として、まず「組織の体裁の維持」が必要なのです。
(だからといって嘘や不正処理が許されるわけではないのですけど)
ところが公務員がそれをやってしまうというのはどうなんでしょ?
守るべき組織は社会的に揺るがない“お上”なのですから
その行動は、完全に個人の私腹を肥やすためと思われます。
その時、自分の仕事(社会的役割または組織の目的)が何なのかは
完全に無視されています。

だから市場原理を用いてバランスをとろうとするのが
小泉サンの言う「民営化」なのかしらと思います。
小泉サンに好意的に考えると。
でも実は、バランスのために嘘を突き通す覚悟というか
汚いところを引っかぶる覚悟を役人が持てばいいだけの話ではないのか?とも思います。
事実そういう人は民間企業には必ずいる。
決して、悪さする人、という意味ではないですよ、念のため。
損をかぶる役目の人、といってもいい。

もしくは“お上のお上”が裏金貯めるよう仕向けているかもね。
組織ぐるみで年間数千万単位の裏金を捻出していたんだから
そっちのほうを疑るのが自然かもしれません。
ま、どちらにせよお国を担っている人たちの振る舞いは、お粗末です。

|

« お役所は二枚舌 | Main | お役所は二枚舌 《追記その2》 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/1630916

Listed below are links to weblogs that reference お役所は二枚舌 《追記》:

« お役所は二枚舌 | Main | お役所は二枚舌 《追記その2》 »