« September 2004 | Main | November 2004 »

2004.10.26

手ぶらでいくんじゃねぇぞ

今日の午後に小泉サンが新潟に視察に入るらしいが、
ぜひ毛布やら食べ物やら現地に足りないものを持っていってあげてほしい。
できるなら暖かい食べ物とか。
機密費とか領収書のいらないお金たくさん持ってるんだろうから。
「寒い、ひもじい、死にたい、不幸はこの順番でやってきますのや」
これは漫画・じゃりんこチエのおばァの名言だが、ほんとにそうだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震の話

台風や地震などこのごろはあちこちたいへんなのだが
かなり複雑な思いをしている。

僕は95年の1月に阪神大震災に遭ったのですが
当時、神戸市灘区に住んでいてそれこそえらい目にあいました。
たまたま無事だった車にのってたまたま無事だった道をとおり
避難して、今日無事に生きている。
いまだにタンスのある部屋では怖くて寝られないので
揺れのトラウマは大きいなと思う。

神戸の少し北側、兵庫県三田市というところに
「人と自然の博物館」という立派な県立の施設があり、
ここに阪神大震災の揺れを再現したジオラマ(模型)が展示されています。
ボタンを押すとぐわんぐわんと揺れて断層が現れるリアルなもので
僕はこれを見ると当時の揺れが甦ってきて気持ち悪くなる。
子供たちは面白がって何度もボタンを押しますが、
僕は気分が悪くなって何度も見ていられません。
ジオラマは縦揺れと横揺れを複雑に起こして、嫌になるくらいよくできています。

今回の新潟地震も、あの時と同じ震度7に相当するというニュースや
体育館に避難している映像を見るとたまらなくなる。
揺れのショックで亡くなる人がいると聞き、同じ思いをしているんだなあと思う。
地べたが不意に揺れるというのは想像以上のストレスなのです。

僕は、自分のこともできないのに他人の支援などできない、という考え方なので
どんな募金活動などにもいまでも賛同しませんが、
それでもニュースなどで被災地の惨状を見聞きすると“頑張れよう”と思う。
それにTVや新聞の報道は、現地の様子を必ずしも的確に伝えていないようにも感じます。
身内や財産をなくした喪失感を抱えて、余震で揺れるたびに怯えている現場は
ほんとはもっとたいへんなんだ、とニュースを見るたび思います。
世間から断絶されたような感覚にとらわれるんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.24

メシ食わにゃならぬ

たまご好きなのである。
冷蔵庫にたまごがなくなると不安になります。
トリインフルエンザの時は胸を傷めました。
鶏肉も好きなものですから、埋められるトリをTVでみながら
“もったいない”と思ったものでした。
よーく焼いたら食べれるんやないやろか?

たまごだけはどうされても好きだ。
たまご焼きは子供の頃からの定番だし
目玉焼きは半熟から固いのまで、好きはあっても嫌いはない。
親子丼やカツ丼でも、あのたまごの煮具合加減を思うだけでたまらない。
ゆでたまごなどは半熟固ゆでに関わらず好きだし
ポーチドエッグなどという料理法を知った時には
ぱーっと世界が広がった思いがしましたよ、ほんとに。
たまごかけごはんときたらもう大好物だ。
なんでこんなにたまごが好きなんだろう?
おいしいよねえ?
居酒屋とかでだし巻きのうまいのなんかを食べると
もう無上の幸せを感じます、生きてて良かった。

ところで
好き嫌いはあまり無いのだが、納豆だけはだめです。
僕の周りには納豆好きな人が多く
“だまされたと思って食べてみ”といわれて何度も食べたがだまされるばかりです。
嫌いといっても食べられない程ではないにしても、おいしいと思ったことは一度もありません。
関西で生まれ育っていまだに関西にいることもあるが
それだけに回りの納豆好きが不思議でもあります。
何であんなのが美味いんだろう?
ご飯に納豆をかけてる奴をみると
たまごかけたほうがうまいのになあ、といつも思います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.10.22

うさんくさいNTT への疑問

施設の設置に充てられていたという負担金の話ですが
電気とかガスを引く時なんかも同様の負担金があったんでしょうか?
それらの場合はどう処理したんでしょう?
別に同じようにする必要はないと思いますが「いろいろあってそれぞれだ」で済ませてしまうのは
どこかの首相のようで、やっぱり胡散臭いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

喫煙の心得

たばこを吸う人が減っているらしい。

確かに体には悪そうだし、吸わない人には迷惑なものです。
僕自身はたばこを吸いますが、飯食ってるときに横で吸われるとやっぱり嫌です。
僕は風邪なんかひくとおいしくないので吸わなくなりますので
結構簡単に止められるのですが、禁煙しようと思ったことは一度もありません。
吸いたくない時には吸わないだけです。

愛煙家は嫌われる世の中ですが
たばこの値段の6割は税金なので、僕たちは多額納税者として胸を張りましょう。
高い納税額じゃなくて多い納税ね。
自販機とか駅の売店とかコンビニとかもういろんなところで納税しますよ、僕たちは。

ところで
僕の好きな作家・筒井康隆御大に「最後の喫煙者」という作品があります。
たばこのみはぜひ読みましょう。
大事なものは自分の意思です、覚悟と心意気です。
とりあえず灰皿のないところでの喫煙を控えますので
たばこ本体に課税額の表示を求めます。
本みたいに「本体価格○○○円・税額○○円」てな感じで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

NTTはうさんくさい

固定電話の加入権、来年1月から半額に…NTT東西

NTTが施設設置負担金(電話加入権)を廃止する方向で
とりあえず来年1月から半額にするらしい。
ぼくは胡散臭いことこの上ないと感じている。

学生の頃、アパートの部屋には電話を引いていなくて
大家のおばあちゃん宅の電話が緊急連絡先だった。
ある時、田舎の友人が亡くなったのを電報でお袋が知らせてくれた。
はじめて受け取った電報にかなりショックをうけ
その後の就職活動にも必要を迫られて電話を引いたが
当時7万以上の出費はつらかった。今も厳しいけど。

総務省などの話を読むと加入権の廃止を容認しつつ
質屋や企業などで質草や資産計上になっているものへの考慮が必要、と
考えているらしいがNTTや国から個人は無視されているのだ。

だいたい僕はNTTも嫌いなのだ。
就職して2度目の引越しの時、電電公社からすでにNTTに変わっていたのだが
係員の対応がバカ丸出しだった。
まだ何も入れていない部屋に、電話工事の立会いのため約束した時間に行くと
もう工事は終わっていて電話の取り出し口が適当なところに付けられていた。
それも使い勝手の悪い所に。おまけに工事業者も帰っていてもういないし。

怒りの電話を入れたのだが、対応した係員のとぼけたこと。
再工事に来いと言うと、業者が手一杯で予約が取れないし工事費もかかると言う。
向こうの勝手ばかりきいていられないので再工事はあきらめるとしても、
気になるのは“謝らない”ということ。
散々ののしったあげくに係員がやっと言った言葉が
「電電公社から民間になりましてお客様のいうことは絶対といわれていますので、
あやまります。」というもの。
細かいところは忘れましたが、ほぼこのとおりの言葉をNTTの人が言ったんですよ!
あきれましたね。あほか?と思いましたね。
お客さんに謝るのに官も民もあるか、ぼけ!

それ以来、NTTが嫌いです。
とりあえず民間の皮をかぶってはいますが
あんな対応をするあほを電話番においておく会社の体質がそうそう変わるはずがない、と思っています。
今もそう思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.21

あらためて 三菱

三菱ふそう、欠陥公表後に事故5件 部品交換進まず (10/19付け)

三菱自動車に悪態つくのもいいかげん疲れてきたが
物事は進んでいないらしい。
この記事を読んだあと、10/20付けの朝日新聞に
神戸市の市バスが不具合のある座席を独自に補強して使用する、という記事が載っていた。
(この記事をネット上で探したが見当たらなかった)
もうリコール当事者には頼らず、車の使用者がなんとかしなきゃいけないことになっているのか。
座席ならそれも可能だろうけども、エンジンとかはどうしようもないだろうし
営業している車なら止めることもできないから事故も起こる。
どうするんでしょう?
裁判で元重役さんたちが無罪を主張していますが、どうするんでしょう?

ところで昔、三菱自動車は三菱重工の自動車部門だったと思いますが
飛行機や戦闘機や船や原子炉なんかのほうは
ほんとに大丈夫なんでしょうか?
あ、原子炉は事故がありましたね。
大丈夫なんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

閣僚の条件

法務大臣がとぼけた答弁をして槍玉にあげられている。
TVで見たが、答弁だけでなく経歴から見た目までもう突っ込みどころ満載である。
選んだのはもちろん小泉サンだが、
補佐官・山拓や失言幹事長などもいることを考えると
つつきどころを分散する目暗まし作戦にでているのではないかと思う。
論点をずらすのがお上手な首相ですから気を付けましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.17

本当のことなんか言えない

イラクに「大量破壊兵器がある」といって攻撃を始めてしまったが
結局「大量破壊兵器はなかった」とアメリカが認めた。
それでも「大量破壊兵器をつくる危険があった」といって
俺たちは間違っていないとアメリカはいうけれど。

「大量破壊兵器」って何を指しているんでしょうか?
それを米軍は使わない方法でイラクを攻撃したんでしょうか?
それがなかったからイラクは負けたんでしょうか?
オサマ・ビンラディンは今どうしているのでしょうか?

なんかオカシイよな、アメリカ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽い人

アメリカ大統領選についてきかれた小泉サンが
「親しいので、ブッシュ大統領には頑張って欲しい」と言っていた。
もちろん「他国のことなので...」と前置きはあったらしいが
軽率な人という印象を持った。
個人的にブッシュと親しいかなんか知らんが
もしケリーが大統領になったらどうするつもりでしょう?
立場を考えて物を言ってもらいたいもんです。
日本国の総理大臣が言うことは「国の総意」と取られてしかるべきと思うのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.14

オレンジエスコート

ダイエーが産業再生機構での再建を受け入れたらしい。
ずいぶん頑張って抵抗していたなあ、という印象を持っているが
この受け入れた再建策は結局良かったのか?悪かったのか?
誰か解説してくださいな。

子供の頃、田舎のダイエーが遊び場だったのだが
今はさびれて縮んでいるみたいです。
住むところが変わった今では、
もしダイエーがつぶれてなくなってもたいして影響はない生活をしていますので
一回つぶれても良かったんではないかなとも思ってしまいます。
冷たいかしら?
TVをみてたらダイエーの借金は1兆円を超えていて
社員一人当たりの借金は約4700万円らしいです。
まるで日本国の話のようですが
コトが起こって一番大変なのは末端の社員だろうなと想像できるのは
どちらも同じですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.13

所信表明

郵政民営化断行を強調 国会開会、首相が所信表明

今朝、新聞を取りに行ったら休刊日で来てなかった。
ああ、そういえば昨日はテレビ欄が2日分あったなあと思い出した。
帰ってきて夕刊を見たら、臨時国会とやらが召集されて
小泉首相が所信表明演説やったとかで、新聞に全文が載ってた。
なんだかだらだらと何でもかんでもとりあえず言っとこうという感じだったのだが
実際には「文章」ではなく「演説」なのでこんなものかもしれない。
でも、ことに締めあたりで「困難に立ち向かう姿勢」を
オリンピックや高校球児に喩えて連発するところがかなり安っぽく感じたのですが、
どんなもんでしょうか?

ところで
「郵政事業に40万人も要るのか?」と問いかけながら
官から民、または中央から地方への転換を規定路線にしているが
あれだけもめて未だに世論調査では国民の関心事の上位にくる「年金問題」について
「民有化」とかの具体論に及ばないままなのは
何故ですか?

でも一番気になったのは「北朝鮮による拉致問題」には申し訳程度に触れ、
「米軍ヘリ墜落事故」などは触れてもいないところです。
どちらも日本で起こった日本国の主権を犯す出来事で、安全保障の問題なのに。
今の内閣は(小泉サンは)国民とは離れたところに目を向けているようで、怖いですね。

「やれば出来る」首相、所信表明で済美高校歌を引用

ほな早よ家族を返してもろてくれや、と思う。
安心して年金保険料払えるようにしてくれや、と思う。
やったらできるんやろがい! *

*注:播州弁。
標準語にすると「やればできるんでしょう?できるんだったらさっさとやってみせなさい。あなたの仕事はそれだけではないでしょう?」(意訳)
正確に言うと
「やったらできるんやろがい!はよせんかい!ゆうたことがでけんのやったらやめてまえ!あほかおのれは!くそぼけ!お前がせなあかんのはそれだけとちゃうやろが!」

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.10.09

お役所は二枚舌 《追記その2》

兵庫県労働局の裏金事件について
昨日の朝日新聞夕刊に、続きの記事が載っていたが、
やはりどんな組織も、当事者はしんどいのだ。

「裏金マシンのようだった。最初は上司に全額渡していたが、次第にむなしくなり、1億円近く着服した」

哀れにも思えてくる台詞だが、1億円もフトコロに入れてたら同情も買えない。
朝日新聞の記事を信用するなら
組織ぐるみの伝統汚職で当事者のみに罪をかぶせるやり方だが
なんとその当事者が組織の裏側をべらべらしゃべってる。
幼稚でつたない悪さの仕組みと
組織や自分がしてきたことに責任を持たない人たちの姿勢が読めていやになる。
当事者は上司のせいにし、上司は先輩のせいにして
しまいにはシステムが悪いといいだすぞ、こいつら。
当事者も黒幕も何も考えていないことがよくわかる。

この国の役人は、みな幼稚なのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お役所は二枚舌 《追記》

気になるので続きます。

カラ出張や幽霊職員の手口で
裏金を作っていた兵庫県の職業安定所職員や労働局の人たちは
もしかしたらあまり罪の意識がないのかもしれない。
「どこでもやっていることだ」と思っていて、事実そうであって
「自分たちだけ清廉潔白である必要なんかない」と思っていたと思う。
僕の想像ですが。
警察にしても、カラ出張や架空領収書で裏金を作ったりは同じことだし、
自転車泥棒犯を捏造して架空の成績を上げたりしているのは
民間でいう粉飾決算のようなもので
「どこも同じことをやってるでしょ」てなもんでしょう。

たとえば、
三菱自動車が嘘をつきまくりいまだに保身言い訳に汲々としているのは
組織の体裁と利益を守るためだと思うのです。
それも突き詰めていけばやっぱり個人の保身が目的となるんですけど
そのための手段として、まず「組織の体裁の維持」が必要なのです。
(だからといって嘘や不正処理が許されるわけではないのですけど)
ところが公務員がそれをやってしまうというのはどうなんでしょ?
守るべき組織は社会的に揺るがない“お上”なのですから
その行動は、完全に個人の私腹を肥やすためと思われます。
その時、自分の仕事(社会的役割または組織の目的)が何なのかは
完全に無視されています。

だから市場原理を用いてバランスをとろうとするのが
小泉サンの言う「民営化」なのかしらと思います。
小泉サンに好意的に考えると。
でも実は、バランスのために嘘を突き通す覚悟というか
汚いところを引っかぶる覚悟を役人が持てばいいだけの話ではないのか?とも思います。
事実そういう人は民間企業には必ずいる。
決して、悪さする人、という意味ではないですよ、念のため。
損をかぶる役目の人、といってもいい。

もしくは“お上のお上”が裏金貯めるよう仕向けているかもね。
組織ぐるみで年間数千万単位の裏金を捻出していたんだから
そっちのほうを疑るのが自然かもしれません。
ま、どちらにせよお国を担っている人たちの振る舞いは、お粗末です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.06

お役所は二枚舌

兵庫労働局カラ出張で裏金年500万、職安はカラ雇用

転職したとき、ハローワークで
「雇用保険の不正受給は絶対にいけません!」とかなりきつく言われた覚えがあるが
自分たちはカラ出張や幽霊職員で不正受給をしていた。

こうやって役所がどんどん信用を失ってゆくのだが
民間の場合と違って、公の機関とは
「良くないやつらだから付き合わない」ということができない。
公務員は扱っているのが公金(税金)だから罪が重い、ともいえるが
それ以上に「不正をしても顧客を失わない組織」というところがさらに腹立たしいのだ。
同じことをたとえば民間の人材派遣会社がしていれば
顧客やスタッフを失うし、お上からは営業免許停止とかになるんだろうなあ。

県警といい労働局・職安といい、兵庫県の役所は腐っているのか?と思われる。
でもこれは組織ぐるみの事件であって、お役所の体質はどこも同じだろうから
よその県でも部署でも、絶対にある。
警察なんか神奈川とか北海道とかでぼろぼろ出てくるのは
自浄作用なのか?それとも単に裏金管理が甘いのか?
実は後者のような気がするが、どうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本語の話 その5

名前に付けることができる漢字が新しく付け加えられて
それに変更したりする人もいるらしい。

漢字はそれ自体に意味を持っているので
僕たちは名前に意味を持たせることにかなり執着します。
僕も自分の子供の名前を付ける時には、いろいろ考えて付けた。
画数なんかは無視して自分の想いだけで付けたので
親族にはえらく評判が悪かったが、付けてしまえばこっちのもので
いまや普通に呼び合う普通の名前である。
そんなに変な名前ではないので当たり前だけど。

だいぶ以前、子供に“悪魔”と名付けようとしたバカ親がいたが
名前を軽んじているとしか思えない。
子供に名前をつけることは、その子の最初の運命のひとひねりであって
かつまた親がどんな人間だかもわかるくらいのものなのだよね。

それにしても
名前に使える漢字とか使えないとか、お上が決めることに違和感を感じます。
大人なんだからそれくらいのことは判断がつきそうなもんですが
実際に“悪魔”とか言い出すバカがいるからなあ。
名前にふさわしくない文字なんて、わざわざ並べられると
日本が子供っぽい社会のような気がして、
ちょっと恥ずかしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ライブ・エイド

ライブエイドのDVD が発売されるらしい。
当時('85年)リアルタイムでTV中継を見ていたが
確かイギリスやらアメリカやら日本やらあちこちでほぼ同時にライブが行われて
それが次々映されるというなんだか切り張りされてつながりの悪い印象が残っている。
それでも強烈に残っている場面はいくつかあるくらい
大物ミュージシャン満載コラージュのとんでもないイベントだった。
そういえば洋楽好きの友人が同じように見てて、翌日興奮気味に話していたのを覚えている。
あの人とこの人が一緒にやってんだもん、とか言ってたなあ。

僕が記憶に残っているのは
ミック・ジャガーがティナ・ターナーのスカートを剥ぎ取るシーン。
あのティナ・ターナーは格好よかった、エンターティナーって感じで。
彼女が、体がついていかないからもう演らないって言った時は残念だったなあ。

あと強烈だったのはボブ・ディラン、ロン・ウッドとキース・リチャーズの3人組。
生ギター3本で演ったのだけど
ディランが唄ってる間、バックの二人は煙草吸うわそれを吐き飛ばすわで
もう悪い悪い。
ほんとにチャリティーなんだろうかと思うくらい格好よかったですよ、ほんと。
もう完全にならず者の集まり。

あ、日本盤も出るみたいです。

ところで、このDVDを知ったのは
言黙(ことだま)というブログからなのですが
この“聴いていない”シリーズが、僕は大好きなのです。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

2004.10.05

パンクの話


友人のバンドがライブをやるというので見に行ったら
対バンが原爆オナニーズでした。
まだやってたんか、と正直思ったくらいで、
僕がたぶん学生の頃、よく見聞きした名前だったので
もうかれこれ20年はやっているはずである。
いまから思えばかつてはジャパニーズパンク全盛時代でしたが
その頃僕は、パンクから少し遠ざかっていて
唯一といっていい例外がスターリンでした。
ちなみに当時の僕のアイドルは、ローザルクセンブルグでした。

パンクの定義として
僕は「枠にとらわれない」ことだと思っているので
原爆オナニーズなどはもうパンクを超えてパンクです。
こういうのが好きだからしょうがないよねえ、と思ってしまいます。
すべての音楽はパンクであるべきだと思います。
ロックという言葉でそれを言う人もいますし、その方が一般的みたいですが
パンクの場合はもう少しラジカルなものなのかなあ。
セックスピストルズを普通のロックバンドと思っていましたから
かなり僕はひねている方だとは思いますが。

とにかくパンクムーブメントリアルタイムの人たちは
原爆オナニーズ見たほうがいいです。
元気になります。
ところで友人のバンドは、近所では名の知れたロックバンドです。
かっこいい方のね。
http://www.jungle.ne.jp/catalog/product_info.php?manufacturers_id=438&products_id=897

| | Comments (0) | TrackBack (0)

記録の話

このところ体調が良くなく、早く寝て遅く起きる毎日だったが
今朝起きると、阪神の井川がノーヒットノーランをやっていた。
今期は去年のような切れ味がなかったようで
去年の20勝には遠く及ばない成績で終わろうとしていただけに
うれしい記録である。
チームもBクラスだしさ。
でも、優勝が決まっちゃうとテレビもラジオも中継しないんだなあ。

イチローもメジャーで大記録を記した。
そういえばオリックスは阪神大震災後に
肩に「がんばろう神戸」と書いて試合をしていた。
外人選手がヒーローインタビューの最後に
「ガンバロー、コウベー」と叫んでいたことを思い出した。
涙が出そうになった。

もうじきあれから10年経つのだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »