« October 2004 | Main | December 2004 »

2004.11.29

月がとっても青いから

昨夜は天気が良く、月が綺麗だった。
昨日は家人が「紅葉が見たい」と皆で出掛けたが
今年は気候のせいかあまり色付きが良くないらしく紅葉というより枯れ木になっていた。
おまけに僕はモミジなどでは盛り上がれない質なので
帰りの車中から見えたお月さんのほうが色っぽく見えた。
花見なら盛り上がれるのになあ、と思ってはたと気がついた。
結局お酒のあるところが好きなのだ。
早く桜が咲かないかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

卒業

<小泉首相>「中国にODA卒業を期待」 ラオスで記者団に

中国に関係するニュースを見聞きするたびに不思議に思うのだが
なぜあんなに高飛車にいられるのだ?
で、日本は何でこんなに低姿勢で気を使わなければいけないのだ?
最近はTVもニュスバラエティ番組が流行っていて
中華思想だの抗日教育だの、向こうの状況はわかっているはずなのに
どうしてこう日本が下手に出なければならないのかわからない。

日本の首相が靖国神社に参拝することが
突っ込まれる要因になるのならとことんやりあえばいいんじゃないのか?
お話し合いをね。
だって向こうは核持ってんだもん。
あ、だから下手に出てるのか?もし戦争になるとかなわないから。

いまだにODAと称して、中国を援助していることも以前から不思議でした。
有人宇宙飛行を行うだけの技術と経済力があって
国連の常任理事国でもある国が
なぜ他国から援助を受けなければならないのか?
いまごろODA卒業っていってもなんだかなあという感じです。
あとなんで「打ち切り」って言わないのかも気になります。
まあ、向こうはなくなっても別にかまわないみたいだから
今すぐ止めてやればいいのにね。

日本からのODAなしでもやって行ける=中国外相

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.23

チェンジ・ザ・ワールド / お金の話 その2

そういえば思いだしたが
ずいぶん以前、学生の頃友人と行った中国・広州で
地元の店で買い物したら、銀行で両替した100元札が受け取りを拒否されたことがあった。
「こんなお金知らない!にせ札じゃないか?」
当時1元が何円だったかは忘れたが
100元(庶民にはかなりの大金)というお札があることをしらなかったんだなあ。
たぶんぼくらが10万円札を出されたような感じだったんだと思う。
だって観光客が使う紙幣と地元民が使う紙幣が違うものだったんだもん。
たしか人民元とか呼んでたと思うけども同じ1元とかでもデザインがちょっと違ってたし
くたびれかたがちがってたなあ。
おつりで貰うお札はどれもクタクタだった。もう洗濯したみたいだった。

いまはそれとはかなり状況が違うと思うが
国は100元札を扱うが、庶民は100元という単位に縁がないというのは
かなり異常なことだと当時思っていた。

貧富の差の激しさは、途上国のそれと思えて中国の(当時の)状況を憂えたもんだが
いまやその状況(貧富の差)は日本にもある。
今日の国際バランスの中、
中国の経済的台頭は中国が強くなったのか?それとも日本その他の国が衰えたのか?

それとも、国と庶民はどこの国も乖離したものなのか?
どうもそっちのほうが正解のような気がする。
アメリカだって富裕層と貧困層の差が大きいもんなあ。
だってイラクに戦争しに行ってるのは
市民権がなくてそれを得たいがための移民層だっていうじゃない?
ほんまかどうかはしらんがお話として整合性はあるよなあ、ミスタープレジデント。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チェンジ・ザ・ワールド / お金の話

最近ようやく新札を、全部見た。
一万円札がなかなか回ってこなかったが
やっとひととおりご挨拶をした。
千円札なんか知らないうちに野口英世が手元にあったりするので
いっぱい印刷してるんだろうな。
そういえば2千円札は2,3回しか数えるほどしか手にしていないなあ。
必要なのか?世の中に。
いっそそれより1円玉や五円玉が自販機で使えるようにして欲しいぞ。
小さいお金を扱う機会を増やすことが
国民を経済に目覚めさせる機会でもあると思うのだな。
特に子供にとってはあと公務員もだ!このやろう!)
ところで疑問なのだが
新札をだすのは偽札対策とかいっているが
世界の基軸通貨でもあるドルはずいぶん長い間デザインを変えていないと思うが
いいのか?
変わったという記憶が僕にはないのだから、たぶん20年から30年は変わっていないでしょう?
どんな理由で変えないんだろう?もしくは変えるメリットがないのかな?
だとしたら日本は変えるメリットってなんだろう?
日本のお金は僕の記憶でも、ここんとこ2回も変わってるからなあ。
誰か知りませんか?
何で変えないのか?ドル!何で変えた!エン!

いや別にドル札のデザインを変えて欲しいわけじゃないんだけどもね。
不思議です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.18

残念!

小泉首相 北朝鮮への食糧支援の続行を明言「拉致問題とは別」

北朝鮮はいまや外交立国ではないか、と僕は思っている。
自前では食料危機をどうしようもないので、あの手この手で日本や中国などから支援を引き出して
軍事的にも外交でバランスを保ちながら自国を守っている。
外交がお国の主要産業と化している。

その相手に対して
人道支援を謳って“それは別”と分けて考えるのは愚策と思います。
カードとして使えるものは全部使うくらいの対応が必要だと
拉致問題での相手の対応を見ていたら誰でも思うものだと思っていましたが、残念です。

それでいくとアメリカは主要産業「軍事力」で戦争立国なのだな。
ブッシュも再選されたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イカンのイ


例の原潜を自国のものであると、中国が認めた。
で、「遺憾である」と言ったのを日本は「陳謝」として受け取ったと。

でも「遺憾」というのは「残念」くらいの意味で
「ごめんなさい」ではないでしょう?
日本は「謝んなさい!」といっていたはずなのに
「残念だったなあ」と言われて「しょうがないなあ」と言うのか?

いくら中国が面子を重んじるお国柄だとしても
こっちから軟弱なお国柄を示してどうする?
中国だけじゃなくて他の国も日本がどう対応するか見てるんだぜ。
そのなかには北朝鮮だっているんだ!

これではイカンと、僕は思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蛙の面にしょんべん

西武鉄道の東証上場が廃止されることになって
天下の金持ちも危うくなるのかなあと思っていたら
すかさずジャスダックへの上場意向を発表した。

こういうのを恥知らずというのだ、と思っていたら
この発表を受けて下落一方の株価が持ち直したから驚いた。
ジャスダックも“来るものは拒まず”の姿勢だという。

恥ずかしいなどと言っていたら、金持ちの資格はないらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.13

この世は金さ / 歌詞無断転載

この世は金だと、うすうす気付いてはいたが
やっぱりそうなのだ。
あれだけもめた野球界なのに
このたびのソフトバンクによるダイエーホークス買収は粛々と進んでゆく。
選手会も何も言わないし、オーナー側も大人しい。
見ていたら可笑しくなってしまった。
お金がないダイエーは再生機構の言いなりだし
コロニーキャピタルとやらにもお金の契約で縛られて何も言えない。
ファンだって「福岡」と「ホークス」が無事なら「ダイエー」じゃなくてもいいし。
丸くおさめる手段としては
とりあえず無敵のちからをもっているなあ。


金持ち とりもち 力持ち もちにもいろいろあるけれど
金持ち一番強いのは 誰でも知ってるさ
友達なんかいらないさ 金があればいい

デーデ / エレファントカシマシ
*歌詞無断転載

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.12

君が僕を知ってる

99年にトルコ地震で被災したグルジュクというところに
「グルジュクはKOBEになる、地震を忘れない」 と書いた壁があるらしい。
これを書いた女性は
TVのドキュメンタリー番組で震災から復興する神戸のことを知っていたそうだ。
壁は復興が進み撤去されるらしく、「やっぱりさみしい」と彼女は言っている。
でも「街の見た目が良くなり、住民の気持ちも明るくなってきた」とも言う。
大丈夫です。
壁はその役目を終えただけで、それを僕たちが忘れなければいいのです。

彼女もやはりこう続けました。
「でも、地震の体験は犠牲者のことも含めて忘れてはいけない。それは神戸もここも同じです。

*朝日新聞 2004年11月12日夕刊

kobe

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鬼ごっこ

やっと例の潜水艦は中国のものと判断された。
3日も経って判断して抗議して返事待ちだと。
警戒行動が領海をでてから行われたり、船籍の断定が遅れたりしているのは
大陸に遠慮しているのか?
それとも誰かとの打ち合わせ・調整に時間がかかるのか?

侵犯直後のどこの誰だかわからない不審者であるうちに
捕まえるか沈めるかしてしまえば良かったのに。
やましいところがあるからあちらは何も言って来ないのだし
手を出されても不審者は文句言えんでしょう?

鬼ごっこは逃げられたら負けなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.11

言語明瞭意味不明

小泉サンと岡田クンの討論を聞いていたら、気持ちが悪くなった。
首相は答弁や説明などする気がなく、
ひたすらかわすことが目的で
座り直しながら「今のはうまいこと言えたな」とにやりとしていた。
いまどき吉本新喜劇でもお目にかかれないようなとぼけた台詞を聞いていたら
気持ち悪いのを通り越して恐くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沈黙の歓待

潜水艦がぷかぷかしたところ、日本の領海をでたところで警戒行動をとったというのは本当かしら?
テロか?と身を強張らせるくらいが普通かと思うが、呑気なことだな。
ことを慎重にするのも悪いとはいわないが何故そこまで遠慮するのかわからない。
いっそのこと直接聞いたらどう?
「おたくの原潜、迷子になってまへんか?」違うとつっぱねられたら
「あらそう、怪しい奴がおるからお宅もお気を付けて」てなもんで。
これくらいかまして欲しいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.10

他人事ながら、三菱

三菱自動車を話題にすることが多いのだが
あちらもことあるごとに引っかかるニュースを提供してくれる。

三菱自、本社移転白紙に 1000人が「京都なら退職」

他人事なのでどうでもいいといえばいいのだが
会社が倒れる勢いのときに本社移転で転勤なら辞めるなどという社員は
駄目だと思うのだがどうでしょう?
その駄目社員が業務に支障をきたすほど多いってのは
会社に魅力がないのか社員の意識が低いのか。
本社移転などというのは会社の一大事だと思うのですが
それに協力しない社員も社員ですが
翻してしまう会社も会社だと思います。
この際駄目社員を振り落とす機会としたほうがよかったのではないですかね?
『これでは「想定していた合理化につながらない」(三菱グループ幹部)』というのは
想定の仕方がよくなかったのではないかと思います。

どちらにせよ、一度した一大決断を翻してしまうのは
かなり頼りない会社です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.05

これはあきれたおどろいた / 歌詞無断転載

腹を立てるばかりでは何も変わりませんが
知らない間になんでも決まっていくことに怒りが沸くのは
当たり前の心理です。
物事が見えないことの不安や
自分の身の回りの事が知らされずに決まることの不快感は
誰でも経験していると思いますが、どんなもんでしょ?

どこに連れて行かれてるんだろう?僕たちは。


知らない間に 税金で
知らない間に 督促状
知らない間に たまってて
知らない間に 差し押さえ
これはあきれたおどろいた
なにがなんだかわからない
これが政治というものか
とかくこの世はへんてこりん

知らない間に 兵隊で
知らない間に 戦争で
知らない間に 負けちゃて
知らない間に 終わってた
これはあきれたおどろいた
なにがなんだかわからない
これが自由というものか
とかくこの世はへんてこりん

これが自由というものか/榎本健一
歌詞無断転載*参考

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サヨナラの話

いまごろ仙台は野球で盛り上がっているんだろうか?
近鉄が火種でオリックスが燃えしろになって
ライブドアが焚きつけたけど結局楽天が喰っちゃったみたいですね。
ソフトバンクも手を挙げたりしていますが
最後は「どれだけ赤字をかぶれるか?」が勝負になる世界だと思ったら
僕は急にしらけてしまいました。
オーナー辞任が流行ったりするし、学生にお金渡したことがいまさら問題になるし。

春が来て公式試合が始まればまた違ってくるかもしれませんが
いまのところもういいです。
でも野球を愛する方々には頑張っていただきたい!
特に水島慎司先生!あぶさん毎週読んでます!
でも僕はもういいっていう気持ちになっています。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2004.11.04

他所の国のお話

アメリカ大統領選でブッシュが再選されたようです。
TVを見ていたらイラクの女性が選挙についてどう思うか?とマイクを向けられ
「アメリカのことだからアメリカの人が決めたらいい」と話していたのを見た。
どちらにしても変わらない、ということを伝えようとしたのだろうか?

見た目だけだと、溶けかけロウ人形のようなケリーよりも
サル顔ブッシュの方がまだましに見える。
だって魔法使いみたいで怖いんだもん。
選挙はどちらかにYesと言わなければ成立しない、結構不自由なものですね。

でもアルカイダからテロ攻撃を受けてイラクを攻撃するってなことは
普通に考えてもおかしいでしょう?
それをやったブッシュはかなり胡散臭いよねえ。
石油会社とかの関係者が政権要人に据えられているし。

ブッシュにまるごと乗っかっている小泉サンなんかはひと安心だろう。
仲の良さをたびたび強調しているけれど
何でも言うことを聞く忠犬は誰でも可愛がるに決まっている。
そういうのを日本ではポチ、英国ではプードルというらしい。

選挙の直前にビンラディンが9・11テロの犯行声明を出したことも胡散臭い。
当然テロへの警戒が高まるが、なぜこの時期にわざわざ言うんだろう?
イラクのフセインとビンラディンは本当に繋がっているのか?
フセインを締め上げたらテロは収まるのか?ほんとの悪者は誰?


ブッシュか?それ以外か?という構図だったにしても
アメリカがブッシュを選んだことは、みんな覚えておこう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »