« チェンジ・ザ・ワールド / お金の話 その2 | Main | 月がとっても青いから »

2004.11.29

卒業

<小泉首相>「中国にODA卒業を期待」 ラオスで記者団に

中国に関係するニュースを見聞きするたびに不思議に思うのだが
なぜあんなに高飛車にいられるのだ?
で、日本は何でこんなに低姿勢で気を使わなければいけないのだ?
最近はTVもニュスバラエティ番組が流行っていて
中華思想だの抗日教育だの、向こうの状況はわかっているはずなのに
どうしてこう日本が下手に出なければならないのかわからない。

日本の首相が靖国神社に参拝することが
突っ込まれる要因になるのならとことんやりあえばいいんじゃないのか?
お話し合いをね。
だって向こうは核持ってんだもん。
あ、だから下手に出てるのか?もし戦争になるとかなわないから。

いまだにODAと称して、中国を援助していることも以前から不思議でした。
有人宇宙飛行を行うだけの技術と経済力があって
国連の常任理事国でもある国が
なぜ他国から援助を受けなければならないのか?
いまごろODA卒業っていってもなんだかなあという感じです。
あとなんで「打ち切り」って言わないのかも気になります。
まあ、向こうはなくなっても別にかまわないみたいだから
今すぐ止めてやればいいのにね。

日本からのODAなしでもやって行ける=中国外相

|

« チェンジ・ザ・ワールド / お金の話 その2 | Main | 月がとっても青いから »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/2099749

Listed below are links to weblogs that reference 卒業:

» ナショナリズムも合理的かつ未来志向で願いたい。--靖国神社参拝問題に関して [BigBan]
靖国神社の参拝問題は、ここ数年小泉政権が引きずっている外交上の懸念問題と言ってい [Read More]

Tracked on 2004.12.03 at 03:18 AM

« チェンジ・ザ・ワールド / お金の話 その2 | Main | 月がとっても青いから »