« イマジン | Main | 血の轍 »

2004.12.09

イマジン その2

8割が「処女懐胎本当」 米国民の信仰浮き彫り

これを「信仰が深い」というのは
キリスト教に気を使いすぎのような気がするなあ。
科学的論理的な思考よりも神話のようなものを優先することが信心なら
そりゃあ異教徒の間で戦争も起こるわな、
「俺の神とお前の神は違う」んだから。

想像力の欠如と思考の停止は同じくらい危険だと思っていたのですが
想像がいき過ぎちゃったところで思考が停止することは
さらに危険だと再認識したような感じです。

|

« イマジン | Main | 血の轍 »

Comments

べつに宗教を非難するわけではないのですが
ちょっと原理主義的なキリスト教徒のおかげで、結局ブッシュが再選されたことなんかを思うと
宗教ってなんだろうなと思います。
何が一番大事か?となったとき
他人(異人とか異教徒とか)が理解できないこと(処女懐妊とか)を大事だ!といわれたら
つらいよねえ。
こちとら基本的に八百万の神(やおよろずのかみ)だからわかりにくいけども
その違った大事なものの突き合せが起こったら
戦争が始まっても不思議ではないかもしれない。
宗教は人を救うものだろうけども
人殺しの種にもなっているんだ。

大事な事は、みんな幸せに暮らすことなのになあ。
ムズカシイねえ。

Posted by: 名村 | 2004.12.09 at 03:16 AM

トラックバックいただいたuedaです。
> 想像がいき過ぎちゃったところで思考が停止することは
言われたことをそのまま信じているのですから想像力はなにもはたらかせていないと言って良いでしょう。宗教全般にそうと言えるかもしれませんが、想像力も思考も働かせずにすむのですから、悩みからも解放され楽に生きることができますよね、自分は。

Posted by: yoshihiroueda | 2004.12.20 at 10:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/2204572

Listed below are links to weblogs that reference イマジン その2:

« イマジン | Main | 血の轍 »