« January 2005 | Main | March 2005 »

2005.02.24

大事なニュース

新聞やTVを見ると
防衛や年金や郵便を扱う状況がすこしづつ変わっているのが見えるが
大きく眼に飛び込んでくるのはライブドアとフジテレビの話だ。
ユーザーの数では前者が圧倒的多数なのだがな。
どちらが一般人にとって影響をもつ話題かは冷静になればわかるはずなのだが
メディアがはしゃぎすぎのような気がする。

確かにライブドアは
何が目的なのかわかりにくいし
若くて大金を動かせるほりえもんは妬ましくもある。
野球チームを買収しようとした頃から話題満載なのだが
金に飽かせて何でも欲しがる姿は
いまやかつてのナベツネ巨人とダブります。
フジテレビにしても、
TV業界の中では何でもありの社風を売りにしていたように思いますが
逆風が向いたとたん身を固くしてほりえもんを番組から降ろしたり
報道の責任とか業界の秩序とかを持ち出したりして
これまた新しい風を嫌う野球界とダブる。
一般的に若者は無礼なものだし、ジジイは呑気なものだから
とりたてて騒ぐものではないと思うが
どうでしょう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.16

ローザルクセンブルグ

2/12 京都・拾得にて「RosaLuxenblug night Ⅱ」というイベントにいってきました。
ローザルクセンブルグというバンドのファンが
集まって楽しもうという趣向なのだが
そのローザは87年に解散してしまっているくせに、いまだに僕の大好きなバンドなのだ。
どんと(Vo.)と永井さん(B.)がその後在籍したボガンボス
リスペクトを公言する有名ミュージシャンも多く
もちろん僕も大好きなのだが
どっちが好きか?といわれるとどうしてもローザなのだな、僕は。
いや別にどっちが好きかなんて誰にも訊かれないんですけどね。
音がどう違うとかリズムがなんとかなんてのは
詳しい人にお任せしといて、
僕にとってはローザは「出会い頭の奇跡」みたいなバンドなんです。
なんだか濃いひとたちが出会い頭でやっちゃったみたいなバンドという感じなんですよ。
いや、ほんとのところは知りませんよ。本人たちにそんなこと聞いたことないし。
対してボガンボスは、明確に「こんな音楽をやろう」という意図があってできたバンドですね。
狙いどころが比較的明確。
いうときますけどね、どっちもすばらしいんですよ。
ただね、あんな奇跡がよく起こったなあって
いまだに思うのよね。
それを二十歳位の僕が聴いて勝手に盛り上がっちゃったんだなあ。
FMでたまたまかかった「だけどジュリー」っていう曲にやられちゃった。
当時手頃になってきたCDプレイヤーをやっと買って、初めて買ったCDがローザ1stの「ぷりぷり」。
もうそればっかり聴いてましたよ。だってそれしか持ってないんだもん。
わははは。

で、ファンが主催したこのイベントは
すばらしいトリビュートバンドが3組と
元メンバー玉城さん(G.Vo.)のバンド・マチルダロドリゲスが参加して
大変に盛り上がりましてね。
「橋の下」っていう名曲があるんだけども全バンドこれをやるという爆発ぶり。
いやー、おんなじ曲4回も聴いてもぜんぜん飽きない。
楽しい夜でした。
いまだにこんなに好きでいられるバンドってすごいよなあ。


rosa2
*イベント当日の資料は何もないので Rockin'on '87.1より
セカンドアルバム「RosaLuxemblug Ⅱ」広告をどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.10

政治とスポーツは別か?

政治とスポーツは別だと
TVを見ているとコメンテーターがそんなことをよくいうが
本当に別になっているのならそんなことは話題にならないでしょう。
別であって欲しいんだけれど
政治はスポーツを利用するし、スポーツも政治によって振興したりするのが
実際のところかもしれません。
スポーツ平和党っていうのもあったなあ。

ところで日本では政教分離とかいって
政治と宗教も分けて考えようとしますが、実質そうではないこともよく知っています。
アメリカ大統領が教会のミサに公務として出席しているんだけれど
何で日本は首相が靖国神社に参拝するともめるんだろう?
よくわかりません。

で、スポーツにはお金が必要なのは
オリンピックの例を見なくてもよくわかります。
プロになれば一山当てることもできるし
結局、権力ともお金とも別の存在ではいられないのだな。

で、株と番組編成は本当に別か?
堀江社長の出演番組を休止 編成上の問題とフジテレビ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やりなおす機会

やった!同じ問題だ=国語35問中33問、再試験実施へ-静岡県立高校の入試

高校の先生9人がチェックしたけれど気がつかなかったらしい。
去年の問題をネットで公開しているというから
時代は変わったなあと思う。
記事では、採点担当の先生が気がついた、とあるが絶対嘘だと思う。
気の利いた受験生はチェックして試験に備えたりしただろうから
先に気がついた受験生のほうから指摘があったんだと思う。
試験を受けるほうは真剣だけど
問題を出すほうはやっつけ仕事だったことがわかります。

「セントレア」は白紙に 新市名は住民アンケートで

南セントレア市という地名を聞いたときはあきれたなあ。
新しく開港する空港にちなんでということなのだが
その空港は隣の市にあって自分ちのもんでもないし
慣れ親しんでいるはずのこれまでの町名を捨てて
できたばかりの“施設”に引きずられてあっさりカタカナに挿げ替えてしまう感覚が
よくわかりませんでした。
住民アンケートで募集してでてきたものではない名前に決めたというところも
その感覚を疑ってました。
住民の意見を軽く見ていることがよくわかります。
NHK元会長顧問就任撤回みたいですね。
あれもユーザーを軽く見ていた結果ですよね。

簡単に流してやるとやり直すはめになるんだなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.08

iPod

とんとご無沙汰であった物欲が戻ってきたのは
iPodのおかげである。
なんだか妙に欲しい。
買いたい、欲しい、使ってみたい。
Appleのうまいところは
人の欲求に従ってミもふたもないプロダクトを
ぽんと作ってみせるところにある。
革新的なテクノロジーやギミックをそれ自体が目的ではなく
どうすれば気持ちいいか?を実現するために用いるからこそ
プロダクト自体を注目させる方法だと確信しているな、あれは。
iPodのでかいやつの裏面は鏡面仕様になっているが
あれはデザイナーがこだわって採用して
日本の、それも中小企業が独占製作しているらしい。
そこしかつくれないクオリティらしいぞ。
こだわるAppleもAppleだが、応える日本の技術者も石頭だなあ。
ずっとMacintoshを使っていたのだが
3年くらい前にWindowsに鞍替えをしてしまった。
使い方が仕事に重点が移ってきて
安価なハードをさがすとどうしてもそうなるのだ。
いまやデザインや音楽制作にもマイクロソフトは進出してきて
Macはその優位性を発揮できる領域が少なくなってきている。
操作性はどう考えてもMacのほうが上なのだがな。
ただ、日本語を扱うとなるとどっちもどっちですが。

で、件のiPodですが
残念ながら買いません。
金がないのもさることながら
僕はイヤホンが苦手で、かのウオークマンでさえ持っていませんでした。
耳にさしたりかけたりするのが猛烈に嫌なのです。
イヤホンをつけると肩がこってきてたまらんのです。
もう気分が悪くなるのです。いやいや。
ヘッドホンの形になっているとどうにか我慢できる範囲なのですが
そんな大げさなことしてまで外で音楽を聴くのは趣味ではないので
欲しいけれど買いません。
ひょっとしてもしかして物欲の悪魔に負けて買ってしまうことがあるかもしれませんが
決して愛用することはないでしょう。
所有欲って罪な感情よね。
ああ、花粉症のエコロジストのようなこのカラダがニクイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.07

TSUNAMI以降

サザンオールスターズの話である。
このところのサザンオールスターズの曲は
どれも同じに聞こえて区別がつかなくなってきた。
とうとう俺は頭の中までジジイになって、感性が鈍ってきたのか?
若者の時代が過ぎてしまったのかと、内心しょんぼりしていたのだが
勇気を奮っておそるおそる家人に訊いてみるとあっさり
「アタシはだいぶ前からそうよ」
おお、やっぱりそうか!
クワタ節などと呼ばれ確かにずいぶん長い間シーンにその地位は揺るがず
昔から格好いい曲を連発していたのだが
TSUNAMIくらいからか「手癖でつくってるなあ」という印象を持っていた。
いかにも「謹製・桑田佳佑」という感じ満載で
安心はするが面白くないのだ。
プロモーションビデオなどは凝りまくりで楽しいのだが
曲自体はどれを聴いても同じ唄に聴こえる。
以前は違ったんですけどね、もっとパンクな感じがして。
バンド自体のセールスが大きくなりすぎてるのか
活動の印象は“バンド”というより老舗の劇団みたいになってるもんなあ。
まあキャリアが長くなるとある程度仕方がないのかもしれないけど。

と、アーティストのせいにしたのだが
もしかしたら「我が家がそろってジジイとババアになっている」かもしれないことは
言わないことにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.02.02

好きだといいなさい

車での移動中はAMラジオを聴くことが多いのだが
国会がはじまったとたんに
竹中郵政民営化担当大臣の声の
「YOU SAY YES」というCMが流れ出した。
よくできたキャッチコピーだなあ。
行間に「NOという意見はいらない」という想いが伝わってきて
かなりアピールが効いています。
で、広告主は誰なのだ?
内閣か?首相官邸か?総務省か?郵便局か?
広告費はどこから出ているのか、どれだけ使っているのか知りたいのだ。

郵政民営化は、日本活性化です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »