« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.29

もうだめ

彼らは大事なことを、絶対に見失っている。
優先すべきは生き残ることであると思うのだが
その必要な方法論は、
身内に閉じることではなく世間に開くことなのだと、僕は思います。
もう本当に三菱は駄目かも知れないです。
いよいよ本当に。

三菱ふそう幹部から事情聴取 国交省、事故隠しの疑いで

三菱地所社長ら聴取 施設分譲 土壌汚染伏せた疑い

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.03.25

携帯する電話

今度こそ携帯電話を買い替えようとお店に行ったのだが
また帰ってきてしまった。
端末がどれもこれも不細工な上に
FOMAとやらはうちの近所では繋がりにくいところもあるのだ。
それでもドコモはスイッチを勧めるので、もう腹立って帰ってきた。
番号ポータビリティとやらが実施されればキャリアの乗換も考えられるが
いまのところ番号を変えないことがまず優先するので
もういけるとこまでいまの電話を使うことにした。
僕とやつらでは、大事なものがだいぶ違うようなのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.12

スケベオヤジ

朝TVを見ていたら
自民党の国会議員がわいせつ罪で現行犯逮捕されていた。
たまたま彼は僕と同い年だったのを家人が見つけて
「あんたも気をつけなさいよ」という。
どういう意味だ?
確かに酒を飲んで無礼を働くことはないとはいわないが
いきなり路上で見知らぬ女性に抱きついて触るなんてことはしたことがないぞ。
当然のことながら知ってる女性には、なおのことできません。

ところでこの国会議員の場合、
現行犯逮捕なので言い逃れやずるずると議員を続けてゆくことが、当然できません。
彼らには議員センセイであることの特権が山ほど与えられているのだから
こんなときにこそ躊躇容赦なくそれをはぎとり
これからの人生をただのスケベオヤジとして生きていってもらわねばなりません。

補選とやらで復活を狙っているスケベオヤジがもうひとりいる。
別に助平でもちゃんと議員としての仕事ができるんだったらいいと思うのですが
そうでもなさそうだしねえ。
ああいうのもまとめてバッサリ切れたらいいのにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.06

どうしてもラクしたい

大阪市が有識者会議解散へ 改革人事、外部登用で対立

民営化が流行りだが
市役所も民営化できないものかと思う。
大阪市のお手盛り厚遇が話題になった時に僕は
わかりにくいから“大阪市役所の職員の方々” と書いてくれといったが
はたして大阪市長が断行しようとした180億円の福利厚生・手当て削減案は
職員組合によって押し返された。
これは絶対に経営陣と組合がつるんで
“改革しようとしてますよー”とポーズを作っているんだと思いました。
そのうち、すったもんだがありましたがなんとかこの程度改善できました、と
幕引きをして、またお手盛りを続けてゆくためのお芝居だと思います。

このたびは外部ブレーンを集めた市長による会議を解散するらしい。
集めたブレーンの人選が悪かったのか“大阪市職員の皆さん”の
意に沿う改革案が出そうもないので
血の出ないうちにクビにしとこうということなのか?
いずれにしても市役所が“お上”である限り
腐っていてもつぶれることはないステキな職場であるな。

大阪市労連 厚遇カット、厚顔な反発 なれあいの歴史、180億円削減策で破局

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ださい会社

関西に住んでいるので西武にはあまり縁がない。
電車はもちろん乗ったことないし
せいぜい西友へたまにお買い物に行くぐらい。
まあかなりの大企業だから
探せばいろいろお世話になっていることもあるでしょうけれど
心情的には西武鉄道グループには関わりが薄い。
だからかしらんが、世界の金持ちが逮捕されたと言われても
あまり驚きません。
それに捕まったところであの手のお金持ちはまったく裸になるわけでなく
実刑に服してもいつかは懐に隠した金でもって
またぬくぬく暮らすんだろうから。

外部から来た前社長が首吊り自殺した時思ったのだが
あの社長さんは何のために死んだのだろうか?
西武はそのものズバリ堤さん家の“持ち物”であったのだから
死ぬことはなかったんじゃないかと思うのだ。
それが会社を守ろうという“仁義”のために自殺したのなら
まだ理解しようともしてみるが
それにしたって親父の作った家訓を金科玉条にしていた個人商店だからなあ。
死なれた家族はつらいと思うよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »