« 相生のおばちゃん | Main | 妄言の国 »

2005.04.07

根くらべ

ローマ法王が亡くなった。
TVで見ていると何万人もが弔問に列を連ねていて、家人が
「あの人は何者?」という。
僕だってよくは知らない。
「まあ西本願寺の偉い坊主みたいなもんかなあ」と
いっておいた。

東西冷戦の頃からバチカンの存在感は大きくなっていたように思う。
たぶんとりあえず、いまの平和らしきものへの貢献は
大きいのだろう。
それから今に至る米国のイラクに絡む暴走に対しては
目に見える影響力がふるえなかったのは
やはり状況や法王の年齢とかによるものなのでしょうね。
ブッシュの今回の選挙で果たしたカソリック団体の支えは
かなり大きかっただろうから
もっとあなたが若かったらなあ、とも思います。

とりあえずTVを見ていて
死んでまで赤い衣装を着て御輿に乗せられて
10万人単位の訪問客を迎えねばならないことに
単純に頭が下がります。
あなたの後釜を選ぶ会議のことを
“コンクラーベ”ということをきいて笑ってしまった僕を許してもらえますか?
平和を得るには根気が必要だということなのですね。
僕もできる範囲でがんばろうと思います。
ごくろうさまでした。どうぞゆっくりお休みください。

合掌。

|

« 相生のおばちゃん | Main | 妄言の国 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/3606850

Listed below are links to weblogs that reference 根くらべ:

« 相生のおばちゃん | Main | 妄言の国 »