« 根くらべ | Main | イマジン その3 »

2005.04.17

妄言の国

中国で反日デモが行われているのだが。

「彼ら」は「何が」気にいらなくて「どう」したいのだろう?

「中国人」は「日本が国連の常任理事国になる」のが気に入らなくて
「それを阻止」したいのか?

「中国人」は「日本人の歴史認識が間違っていて謝らない」のが気に入らなくて
「謝らせたい」のか?

「中国政府」は「日本がいいなりにならない」のが気に入らなくて
「暴力を使って威嚇」したいのか?


何にせよ方法論として暴力を使うというのは
テロリストと同じ思考だと思うのは僕だけですかね。
日本の首相が靖国神社を参拝したり
憲法を変えようとすると“軍国主義の復活”とか騒ぐけれど
今の状況は、中国人の方々のほうがかなり好戦的に見えますがね。

それにしても暴力的なデモが収まらない理由や責任を
堂々と日本のせいにする中国共産党の理屈には
びっくりしました。

|

« 根くらべ | Main | イマジン その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/3735348

Listed below are links to weblogs that reference 妄言の国:

» 中国反日デモ 止まらない暴挙 [=社説は語る=]
『読売新聞(05/04/17)』 [『反日』デモ-中国は自らリスクを高めている  在外公館の警備に万全を期すのは、中国政府の国際法上の義務だ。またも破壊活動を許した中国政府の責任は重大だ。  中国政府は「デモは、歴史問題での日本の誤った態度に不満を持つ市民の自発的な行動だ。責任は中国側にない」との主張を繰り返している。こうした無責任な態度が、デモの暴徒化を助長している。  影響は日中関係にとどまらない。北京の米国大使館は、「外国人全般を巻き込む可能性がある」と警戒を呼びかけた。米国には、... [Read More]

Tracked on 2005.04.17 at 11:24 AM

« 根くらべ | Main | イマジン その3 »