« 正しい付き合い方 | Main | お上のやり口 »

2005.05.29

常識なし

橋梁談合:「K会」、三菱重工業主導で復活 ルール作りも

法令順守、鈍い対応 三菱地所・三菱マテリアル首脳辞任

コンプライアンスなどというと難しそうだが
訳すと法令順守になるらしい。
ではたとえば意訳するとなると「常識」になるのではないかと
僕は思っている。
誰でも知っているものでそれを犯すと自責の念に苛まれたり
タイホされたりするのだ。
三菱自動車のリコール隠し問題がいまだに収まっていない中で
三菱ブランドを冠した企業がそろって
それも中核根幹をなす企業が悪さをしていたことを認めた。
大事なことは、この人たちは長いこと悪さをしていたことを認めていなかったが
ようやく認めて今に至っているということだと思う。
会社を守ることは会社員としては確かに第一義の事柄なのだが
自分の尊厳を守ることだって人間として第一義のはずではないのかね?
僕は会社を責めない。
会社の構成員をこそ責める。
システムを非難したってなにも始まらないのだ。
システムを作ったのは人間なんだから、
それを維持している人間だって糾弾されてしかるべきだろう?
三菱だけじゃなくて、JRだってそうだぜ。

|

« 正しい付き合い方 | Main | お上のやり口 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/4320751

Listed below are links to weblogs that reference 常識なし:

» 天下の三菱 [人生無常・・・ケ・セラセラ]
三菱UFJ、中枢部長は「三菱」が多数 部長級以上人事 (朝日新聞) - goo ニュース 前にも書きましたが、三菱自動車、三菱重工業、三菱マテリアル&三菱地所と三菱グループは企業倫理を世間から問われています。この原因として、三菱グループの風土、即ち”目”がグループ内にしか向いていないという事です。グループ内の常識は社会の非常識なのです。グループの経営幹部がそのことに、未だ気が着いていないのです。こんな事で�... [Read More]

Tracked on 2005.05.29 at 07:30 AM

« 正しい付き合い方 | Main | お上のやり口 »