« 悪の温床 | Main | 会いたい »

2005.06.30

ときどきばれる談合


これだけ官も民も一緒になって談合してるってことは
談合って本当は必要なシステムなんじゃないのか?
どこが受注するか持ち回りで決めてみんなでいい目をみるという
なんか社会主義のようなワークシェアリングのようなシステムに思えてきたなあ。
それ自体は悪いことではなくて
それが利権になってて一部の人間(企業や役所や団体)が内緒でいい目を見ることが
悪いことなんだから
いっそ合法にして税金かけたらどうだ?
ガラス張りの談合。なんてな。
動いた裏金に応じて課税されるシステムが作れんか?
サラリーマンばかり狙い撃ちにしないでさ、税制調査会は。
あ、それが出来ないから裏金なんだし、談合も禁止されてるのか。

[橋梁談合事件]「道路公団の癒着構造が露呈した」

今回は橋工事の話だが、絶対にほかにも同様のことはあるはずと思う。
ハイウエイカードとかETCカードとかパーキングエリアの店舗とか
怪しいところはもっといっぱいあるぞ。
こういうのは金額の大小ではないだろう?

|

« 悪の温床 | Main | 会いたい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/4769105

Listed below are links to weblogs that reference ときどきばれる談合:

« 悪の温床 | Main | 会いたい »