« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.19

利益代表

選挙の話ばかりでなんだが
結局議員サンというのは何らかの利益代表なのだとクールに捉えると
今回は郵便局に利益のある人たちの闘いなのかね?
だとすれば亀&綿の国民新党は郵便党と思っていいのか?
他の法案に党内のコンセンサスはあるのか?
年金とか憲法とか安全保障とか拉致問題とか。
いっそのこと喫煙党とか酔っぱげ党とか作って欲しいが、
誰か出ない?
日本の愛煙家と酔っ払いの利益代表として。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.15

本気?

小泉信任か、政権選択か 総選挙の争点、与野党対決

新聞を見るたびに
「小泉自民党」と「反小泉自民党」の構図ばかり目に付く。
自民党内の対抗勢力選挙区に対立候補を立てる小泉自民党は
下品に見えますが、自民党の底力みたいなものも感じます。
逆に言うと、これまで本気で選挙やってなかったみたいなかんじですね。
官僚や地方の市長まで担ぎ出すって、本気じゃなけりゃ出来ないでしょう。
そこそこ大物政治家が当選の目がなくなったのを読んでのことか
引退するのも目に付く。
本気の戦いのなかでは勝ち目がないってことはこれまでも本気でなかったということですね。
そういう輩が淘汰されるのはいいことかもしれませんが
そいつらの2世やら取り巻きやらが後継としてでてくるんだから
いいのか悪いのかは、選挙が終われらなければ判りません。
後継者を望む支持者などがいることも忘れてはいけません。

郵政民営化が今後どう転ぼうと
本気の末ならばよしとすべきかとも思いますが、
それなら年金問題や道路談合や安全保障や憲法改正も
これ以上の本気がないと出来ないということを知ったような気がします。
で、それらはいつになったら本気で問題に取り上げられるのでしょうかね?

そういうことをなぜ新聞は言わないんだろう?
本気で報じる気がないからか。

ところで郵政民営化にしても
本気なのか?という思いはある。
小泉は本気で民営化しようとしているのだとは思うけれど
民営化がどういい影響を導くのかには本気でないような気がしている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.08.11

例えばの話

コイズミが北朝鮮の拉致問題で衆院解散してたなら
選挙は自民党の大勝だろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

解散の話

散開
昔の話で恐縮だが
イエローマジックオーケストラが止めるとき
「解散」と言わず「散開する」と彼らは言った。
なんとなく意図するところが知れる。
解いて散るのではなく、散り開くのだ。
で、いいと思う。

僕はアーティストという人種は、基本的に何をやってもいいと思っている。
それはその始まりが、多分好き嫌いから始まっているからなのだと思う。
音楽でも絵でも何でもいいけど
好きで始めたものが認められてたまたまそれで食えているのだ。
好きなことで食えるってことはそれだけですごいことだが、
でも食えるってことは「市場」があるということだから
市場におもねることで「ゼイタクに食うこと」が大事なことになっている人たちもいるだろうけれど。


で、コイズミが解散をした。
まず参議院での表決結果を衆議院に反映させる理屈が理解できない。
自民党内の対立議員の選挙区に、自民党自らの対立候補を立てるという
「下品な」事まで臆面もなくする。
と思えば、対立議員の側は自ら潔く自民党を辞するでもなく
「自民党を愛している」などとこれまた臆面もなくいいつつ反発する。
野党はそろって「存在感のアピール」のみに留まり打って出る覚悟を見せない。

何が行われているのか
どこを目指しているのかますますよくわからなくなっている。
郵便局の民営化がなぜ双方譲れないか、ぼくにはちーともわからないぞ。

まあとにかく選挙なのだが
ちゃんと誰が何をしたか覚えておくことが大事だと思うのだ。
自分の主政策が覆ったからといって可決判断を下した衆院を解散したコイズミや
派閥領袖を辞めるといったのに選挙になったとたん翻したモリや
党を割るほど反発したのに自民党に留まる反対派議員や
選挙を戦えないからといって社民党を出た党副代表もいたな。
それに、いまさらツジモトやムネオや自殺した議員の奥さんを担ぎ出す政党や
のこのこ出てくるその本人たち。

何でもありはパンクロックシーンでは当たり前だが
デストロイにも程があると思うぞ。
まったくキミたちと同じリズムでは踊れないな。
いったいキミたちは何が好きなんだい?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »