« 憲法についての私的覚書 | Main | 例えばの話 »

2005.08.11

解散の話

散開
昔の話で恐縮だが
イエローマジックオーケストラが止めるとき
「解散」と言わず「散開する」と彼らは言った。
なんとなく意図するところが知れる。
解いて散るのではなく、散り開くのだ。
で、いいと思う。

僕はアーティストという人種は、基本的に何をやってもいいと思っている。
それはその始まりが、多分好き嫌いから始まっているからなのだと思う。
音楽でも絵でも何でもいいけど
好きで始めたものが認められてたまたまそれで食えているのだ。
好きなことで食えるってことはそれだけですごいことだが、
でも食えるってことは「市場」があるということだから
市場におもねることで「ゼイタクに食うこと」が大事なことになっている人たちもいるだろうけれど。


で、コイズミが解散をした。
まず参議院での表決結果を衆議院に反映させる理屈が理解できない。
自民党内の対立議員の選挙区に、自民党自らの対立候補を立てるという
「下品な」事まで臆面もなくする。
と思えば、対立議員の側は自ら潔く自民党を辞するでもなく
「自民党を愛している」などとこれまた臆面もなくいいつつ反発する。
野党はそろって「存在感のアピール」のみに留まり打って出る覚悟を見せない。

何が行われているのか
どこを目指しているのかますますよくわからなくなっている。
郵便局の民営化がなぜ双方譲れないか、ぼくにはちーともわからないぞ。

まあとにかく選挙なのだが
ちゃんと誰が何をしたか覚えておくことが大事だと思うのだ。
自分の主政策が覆ったからといって可決判断を下した衆院を解散したコイズミや
派閥領袖を辞めるといったのに選挙になったとたん翻したモリや
党を割るほど反発したのに自民党に留まる反対派議員や
選挙を戦えないからといって社民党を出た党副代表もいたな。
それに、いまさらツジモトやムネオや自殺した議員の奥さんを担ぎ出す政党や
のこのこ出てくるその本人たち。

何でもありはパンクロックシーンでは当たり前だが
デストロイにも程があると思うぞ。
まったくキミたちと同じリズムでは踊れないな。
いったいキミたちは何が好きなんだい?

|

« 憲法についての私的覚書 | Main | 例えばの話 »

Comments

管理者様へ。新しく書いたブログの内容を告知させて頂くサイトを立ち上げました。宜しければ、ブログ更新の際に是非当サイトをご活用下さい。尚、ご興味無いようであれば、お手数ですがコメント削除の程、宜しくお願い致します。

Posted by: BC7管理人 | 2005.08.12 at 08:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/5405302

Listed below are links to weblogs that reference 解散の話:

« 憲法についての私的覚書 | Main | 例えばの話 »