« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.13

改革

選挙が終わり自民党が圧勝しているようだ。
あまりテレビは見ていないが、すこしだけ見た早朝のワイドショーでは
この小泉人気を「予想外の圧勝」といっていた。
郵政民営化に反対していた議員さんたちがどんどん翻って賛成に転じている。
参議院でもそうだ。
結局本気だったのは小泉一人でみんなそれに乗っかってゆくだけのように見える。
別に郵便局の経営者が国でも民間でもいいと思うのだが、
困るのはサービスが低下したりあるべき支店がなくなったりすることだろう?
それに郵便局に貯まった貯金の運用がきちんとなされ利益が出て
利息を支払えることになっていればいいのだろう?
赤字国債を引き受ける財源になることが問題だったら
それができないようにする方法論が「民営化だけ」だったかどうかの議論はされたんだろうか?
民営化されて赤字国債を引き受ける財源がなくなったら政府の予算はどうなるんだろうか?
郵便局のことばかり言っていたのが
選挙が終わると他の懸案事項であるはずの年金やら外交の話もニュースで聞くようになったように思う。
メディアもグルになって郵便局にまぎれて白紙委任状を自民党と公明党に与えたような気になったのは
僕だけかね?

ところで、衆議院の2/3が与党になったのでどんな法案も通り、憲法改正も不可能ではないらしい。
僕は、憲法改正自体は悪いことではないと思うが、
今度こそどう変えるか議論されずに変えられることのないようにだけ望みますがね。
改革をとめるなよ、自民党。ほんとに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.11

改革を止めるなよ


選挙当日である。
郵政民営化だとか政権交代だとか、わかりやすいようなよくわからないようなことが
争点と称されているが
実は候補者や政党が「うそつきか否か」ということが基準になるではないか?

自民党のキャッチフレーズは
「改革を止めるな」であるようだが、本当によくなっていっているのか?
確かに自民党が勝つと郵便局は民営化されるのだろうけれど
それはどういい方に作用するのか?誰も説明してくれていないような気がしている。
小泉がしつこく粘り強く「郵政改革」をした後、改革は止まるのではないか?と懸念しているのだ。
年金は変わるのか?外交は変わるのか?拉致被害者は戻るのか?

自民党の存在意義というかテーマは、「政権維持」にあると思う。
だって自民党はこれまでそういう政党だったのではないか?
そのためには他政党と連立したり自らをぶっこわしたりする。
何が何でも政権の座に居なくてはいけないというテーマを持った政党なのだと思う。

改革を止めるなよ、自民党

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.07

これからの話、これまでの話

テレビを見てると、選挙の話ばかりで
11日の夜に向けて盛り上げようという姿勢が見え見えです。
小泉自民党が派手に刺客を送り込んだ選挙区を取り上げたりしていますが
そこに僕は住んでいないので、どうということもありません。
残念ながらぼくは、広島でも岐阜でも博多でもないところにすんでいるので
あまり実感として「白熱した選挙戦」とは感じません。

また、各党の党首がいろんな番組で
党首討論と称して質問に答えたりしていますが
明快に党の主張を表しているプログラムになりえていないように思います。
小泉は、同じ事をぶつぶつ言ってるだけだし
岡田は、目をむいて怒っているだけだし
その他は影が薄い。
新党大地なんてのもあるが
北海道の「地域政党」っていう考え方自体がどうかなとも思う。
国政っていうのは国全体のことを考えるためにあるもので
地域のことを考えるのは都道府県だったり市だったりするんじゃないのか?
地域政党って考え方自体が地方への「利益誘導」が目的の利権を目指した政党みたいですね。
新党日本みたいに党首が県知事で「地域から発する」とか言うほうが論理に整理がつきやすいかもよ。

なぜ選挙のたびに「争点」がなければならないのか?が
よくわからなくなってきました。
今回の選挙の「争点」が「郵政民営化」であるならば
すぐまた来月にでも「年金」や「外交」を争点にした選挙をしてくれるのか?

郵政民営化に賛成か反対かを表明しただけで
有権者はそのほかの問題、たとえば年金や安全保障とかを
白紙委任してしまうことになるんですよね。
その点を突いたジャーナリストがいて
なるほどと思いましたが、ではどうするのか?はあまり見えません。
それはジャーナリストの仕事ではなく政治家の仕事ですから。

そのジャーナリストは、
これからこうしようと政治家は公約を言うけれど
これまでその政治家が何をしたのかをちゃんと検証しなければならないとも言っている。
その点が僕と意見が合う。
僕たちはもっと根に持たねばならない。
なにもかも水に流していてはなにもよくならないのだな。

少なくとも小泉は
拉致問題やイラク派兵などの外交をたな晒しにしている。
まあ、首相在任中は消費税を上げないと明言しているから
ずーっとやっててもらうのも手だが
その代わり社会保険料あげたり年金支給額減らしたりとかするからなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« August 2005 | Main | October 2005 »