« これからの話、これまでの話 | Main | 改革 »

2005.09.11

改革を止めるなよ


選挙当日である。
郵政民営化だとか政権交代だとか、わかりやすいようなよくわからないようなことが
争点と称されているが
実は候補者や政党が「うそつきか否か」ということが基準になるではないか?

自民党のキャッチフレーズは
「改革を止めるな」であるようだが、本当によくなっていっているのか?
確かに自民党が勝つと郵便局は民営化されるのだろうけれど
それはどういい方に作用するのか?誰も説明してくれていないような気がしている。
小泉がしつこく粘り強く「郵政改革」をした後、改革は止まるのではないか?と懸念しているのだ。
年金は変わるのか?外交は変わるのか?拉致被害者は戻るのか?

自民党の存在意義というかテーマは、「政権維持」にあると思う。
だって自民党はこれまでそういう政党だったのではないか?
そのためには他政党と連立したり自らをぶっこわしたりする。
何が何でも政権の座に居なくてはいけないというテーマを持った政党なのだと思う。

改革を止めるなよ、自民党

|

« これからの話、これまでの話 | Main | 改革 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/5883216

Listed below are links to weblogs that reference 改革を止めるなよ:

« これからの話、これまでの話 | Main | 改革 »