« November 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.21

牛肉の話

米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見

吉野家で牛丼が食べられなくなってからもう2年くらいたつらしいが
これでまた復活は遠のいたのだろう。
以前「吉野家のメニューがたとえショウガだけになっても応援する」と言った僕なのだが
ここのところ吉野家には足を運んでいない。
豚やカレーとなると他の店のほうが安くてうまいのだ。
やはりメニューというか食材というか収入源を一本に絞るのはリスクが高いのだな。

それに、なんだかよくわからないうちにアメリカ牛肉再輸入が決まったときに
胡散臭い感じがしたんだよ。
ほんとにちゃんとしたものが入ってくるのか?というきな臭さが漂っていたもんね。
他人に危機管理を任せていると病気の牛肉食べちゃうかもしれないって怖いよねえ。
この場合任せているのは「他人」というよりも「お上」だからたちが悪い。
信用できなくても代替がきかないからね。

米検査官、日本向け基準認識せず…農務長官が謝罪

アメリカの牛だけなんでそんなに危険なんだろう?と思うが
危険なのは「アメリカの牛」ではなくて「アメリカの人」なのか?

あんなにもめたはずなのに「日本の基準を認識せず」って何よ?
こっちは協議していたつもりでも向こうは聞いちゃいなかったということだな。
いつも言うことをきく日本が、なんだか今回はいやに駄々をこねるなあくらいに思ってたんだろうなあ。
なめている=軽く見ているのだ。
それとも悪い肉を食って頭の中がスポンジ状になってんのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.07

ねんきんのはなし

「社会保険庁」改め「ねんきん事業機構」に

よくわからないニュースだな。
簡潔すぎるのか、どういうことかよくわからないぞ。
いくら受給できるか判らないのに高い年金保険料を否応なく課してきた上にひとの納めたその保険料でマッサージチェアを買ったりして無駄遣いしたりしている社会保険庁を改革しようということらしいが、
どう変わるのだ?
平仮名にしたからといってどうだというのだろうね。

年金事務費への保険料充当、07年度から制度化で合意

ああ、なるほど。
これまで納められた「保険料」を組織の経費として使ってきたのは『特例』だったんだけども
これからは『当たり前』になるんだな。
だったら普通の保険会社と同じように、これだけ納めれば○○歳からこれだけ受け取れます、と
加入前に事前におしえてくれ。
なんとなく安心させるようなことはしないで、はっきりと安心させてくれ。
もし安心させることができないんならせめて納得してから
その上で加入するかしないか決めさせてくれない?

社保庁、名称変更→「ねんきん事業機構」 改革は名のみ? 外局と大差なく

なんだ、同じようなことを言っている奴もいるじゃないか。
なんでみんな騒がないんだろう。
たいした話題にならないのは何故だろうね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | February 2006 »