« ねんきんのはなし | Main | オカネの錬金術師 »

2006.01.21

牛肉の話

米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見

吉野家で牛丼が食べられなくなってからもう2年くらいたつらしいが
これでまた復活は遠のいたのだろう。
以前「吉野家のメニューがたとえショウガだけになっても応援する」と言った僕なのだが
ここのところ吉野家には足を運んでいない。
豚やカレーとなると他の店のほうが安くてうまいのだ。
やはりメニューというか食材というか収入源を一本に絞るのはリスクが高いのだな。

それに、なんだかよくわからないうちにアメリカ牛肉再輸入が決まったときに
胡散臭い感じがしたんだよ。
ほんとにちゃんとしたものが入ってくるのか?というきな臭さが漂っていたもんね。
他人に危機管理を任せていると病気の牛肉食べちゃうかもしれないって怖いよねえ。
この場合任せているのは「他人」というよりも「お上」だからたちが悪い。
信用できなくても代替がきかないからね。

米検査官、日本向け基準認識せず…農務長官が謝罪

アメリカの牛だけなんでそんなに危険なんだろう?と思うが
危険なのは「アメリカの牛」ではなくて「アメリカの人」なのか?

あんなにもめたはずなのに「日本の基準を認識せず」って何よ?
こっちは協議していたつもりでも向こうは聞いちゃいなかったということだな。
いつも言うことをきく日本が、なんだか今回はいやに駄々をこねるなあくらいに思ってたんだろうなあ。
なめている=軽く見ているのだ。
それとも悪い肉を食って頭の中がスポンジ状になってんのか?

|

« ねんきんのはなし | Main | オカネの錬金術師 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/8264455

Listed below are links to weblogs that reference 牛肉の話:

« ねんきんのはなし | Main | オカネの錬金術師 »