« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.21

盗んだバイクが走り出す

情報漏洩があちこちで事件として取上げられているが
疑問に思うことがある。

まず、情報が漏れる本当の原因は何か?ということである。
ウイニーとやらが悪者扱いされているが、
これはファイル交換ソフト(もしくは共有?)ソフトであるということなので
他人のファイルを見られるかわりに自分のファイルも見られてしまうという
考えようによっては割とフェアなプログラムなのではないか?
要は使い方扱い方なのではないのか?

もう一つはウイルスとやら。
なにがどう作用しているのかよく知らないがコンピュータも風邪をひくのだな。
で他人にうつすこともあるのだ。
問題は本当の風邪のウイルスと違って、それが人為的に作られていることと
やたら種類が多くて増殖していることだな。
ワクチンが追いつかない。

で、この二つが揃うことによって持ち主の知らないうちに
ネットにつながったケーブルから
パソコンの中身が他人のパソコンから見られるもしくはコピーされるらしい。
ウイルスもそうやって広がってゆくと。

ここで疑問に思うのが、この場合なぜ情報漏洩が判明したのか?である。
具体的な被害があったのかね?
防衛庁から漏れた情報でスパイを取り逃がしたとか
警察から漏れた情報で泥棒にスキをつかれたとか
ドコモから漏れた情報で迷惑メールが増えたとかね。
最後の奴はありそうだな。
そういう報道はない。実被害から分ったのではなければどうやって分ったのだろうね。

僕は他人とファイルを共有する趣味がないので
ウイニーを使っていない。
以前家人が人に聞いてパソコンに入れたことがあったが
すぐ削除した。
なんだかそのころ韓国ドラマのファイル交換が流行っていたようだが
誰だか知らない他人から音楽なり映画なりを回して貰うのは嫌だった。
モノを借りたり貸したりするにはそれなりの礼儀がある。
見られて困るファイルはあまりなかったが
他人のファイルを借りるやり方としてウイニーを使うのは嫌だったのだ。
おかげさまでいまのところウイルスが元と思われるトラブルにはなったことがない。
僕のパソコンから情報が漏れたところで
このページの原稿がわさわさでてくるくらいだぜ。

モノは使いようなので
情報漏洩の一番の原因は情報を扱ってる人間なんじゃないのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.03.04

お調子者でいこう

民主党のナガタくんが謝った。
ライブドア堀江が自民党幹事長武部の息子あてに
会社から大金振込みを指示したメールが偽物だったことがその理由だ。

そのメールが偽物だからといって金の流れ自体がなかったことにはならない、と
ナガタくんは思っていたと思うし、僕もそう思う。
堀江振込指示メールが出てきたとたんに、
あのお調子者の幹事長がおとなしくなったではないか。
「ひょっとしたらうちのバカ息子、出所の怪しいカネをもらってたのか...?」くらいは思ったはずだ。
「え?いつのメールが漏れたんだろう...?」とも思ったかもしれない。
みんなそう思ってたからこそここまで事が大きくなったんでしょうね。

とここまで書いて思いましたが
こういうことをネットで書くのも名誉毀損とかになるのかしら?
僕は国会議員でもないし証拠も提示していないので
たとえネットに書いてもどこまで責任を問えるのか知りませんが
ナガタくんの場合は
国会議員で証拠のプリントアウトを提示して
「次回を楽しみにしてろよ!」と所属党の党首までもが言い放ったのだから
大変だろうな。
あっちの幹事長は「名だたるお調子者」なのは知っていたが
野党のほうも「お調子者」が揃っていたということなのか?

それでまたこれだ。

<武部氏二男>民主党と永田氏に謝罪広告を要求

どうやら息子もお調子者のようだ。
こういうときはクールに構えているのが一番格好いいんだけどなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »