« ニュースの読み方 | Main | 牛丼の話 »

2006.07.14

テロリスト呼ばわり

ずいぶん前の北朝鮮の発言で
「経済制裁の発動は宣戦布告とみなす」というのがありましたね。
1年半くらい前のニュースでしたが、拉致問題を解決に向かわせるために
定期船の入港や送金ストップなんかの経済制裁を、するとかしないとか言っていました。
それを受けての「宣戦布告とみなす」発言なのですが
結局、日本は経済制裁は発動しませんでした。

で、
「ミサイル発射は宣戦布告とみなす」となぜ誰も言わないんだろう?
発射の意図がどうとか言ってる時点で違和感を感じる。
例え実験だ、と言ったとしても言い逃れにもならない。
実験や演習なら安全を確認してからするでしょ?
ビルや駅を爆破することをテロと呼ぶのに、
いきなりミサイル連射する奴らをどうしてテロリストって呼ばないんだ?
ミサイルが落ちたのが海だからか?
航行している船にでも当たって実際の被害でたらそう言えたのかね?

中国とロシアは国連での制裁決議案を否決するそうだ。
さては同じようにいきなりどこかにミサイルを撃つつもりか?
そうでなければどういうつもりなのか、制裁決議以外の
実効性のある収拾策を示さなければ、
それこそ「同じ種類のアブナイ国」呼ばわりされるぜ。

|

« ニュースの読み方 | Main | 牛丼の話 »

Comments

国家がミサイルを撃つこと自体は国際法上、問題にならないから。北朝鮮がミサイルを撃って問題となっているのは六カ国協議の共同声明かなにかに反した行為を行ったからでは?
ミサイルを撃つことがテロ行為ならば、アメリカがイラン・北朝鮮への爆撃を想定してオーストラリア軍と共同で爆撃訓練をやったこともテロ行為になってしまわない?
あと、ミサイル発射を宣戦布告と見なすという話だけど、日本がもし宣戦布告を受けた場合は、防衛のために必ず開戦しないといけなくなってしまう。戦争をすることは当然、国力を消耗するわけで、良いこともないし、下手をすると中国・ロシア・韓国を敵に回して戦うことになってしまう。そうすると第三次世界大戦でしょ。
軍事力を持つ理由は使うためではなく、抑止力を期待するためということを考えないとね。

Posted by: taro | 2006.07.26 at 03:06 AM

taro様
コメントありがとうございます。
私の思うところをもうすこし書きますと
以下のようなことなんですけどどんなもんでしょうか。


>国家がミサイルを撃つこと自体は国際法上、問題にならないから。北朝鮮がミサイルを撃って問題と
>なっているのは六カ国協議の共同声明かなにかに反した行為を行ったからでは?

僕は国際法も6カ国協議の共同声明の詳細もよくは知りませんが
ミサイルを撃つことが「きまりに反した行為」であることは確かなんですよね。
では、なぜきまりを犯してまでミサイルを打つという行為に出たのか?がよくわからない、ということが言いたかったんです。


>ミサイルを撃つことがテロ行為ならば、アメリカがイラン・北朝鮮への爆撃を想定してオーストラリ
>ア軍と共同で爆撃訓練をやったこともテロ行為になってしまわない?

テロというのは、恐怖で他人を支配しようとすることだと思うんです。
この点で意見はあいますか?
軍事行為は恐ろしいことだけれど、
もっと恐ろしいのはそれがいつどのように行われるかわからないことだと思います。
例えば爆弾テロ自爆テロとか、中東なんかではいきなり駅舎とかが爆破されてますよね。
「訓練」であるならば爆撃が行われるとわかった上でやるのなら
厳密に言ってそれはテロ行為ではない、といえると思います。
怖い軍事行為ではありますけれど。

>あと、ミサイル発射を宣戦布告と見なすという話だけど、日本がもし宣戦布告を受けた場合は、防衛
>のために必ず開戦しないといけなくなってしまう。戦争をすることは当然、国力を消耗するわけで、
>良いこともないし、下手をすると中国・ロシア・韓国を敵に回して戦うことになってしまう。そうす
>ると第三次世界大戦でしょ。
>軍事力を持つ理由は使うためではなく、抑止力を期待するためということを考えないとね。

うーん、では、北朝鮮は何を抑止するために、いま現在軍事力をふるっているのでしょう?
考えるには「現体制崩壊の抑止」なんでしょうね。
アメリカが北朝鮮の海外資金を止めたり日本が定期船の行き来を制限したりすることが
北朝鮮という国の経済を脅かしているからなんでしょうね。
それを止めてくれ、と。
そういえば北朝鮮の産業って何でしょう?
日本のように家電や自動車を輸出(海外生産も含めて)しているわけでなく
アメリカのように牛肉やハンバーガーやパソコンソフトを輸出している話を聞いたこともない。
食料品かなあ?キムチとか?
偽紙幣や覚醒剤を作っているという話もききますが、それが本当なら
日本は隣国としてその脅威、影響をを抑止する必要はあります。
実際に日本人が拉致されたりしてるんだから。
で、その抑止のために軍事力は有効か?という話ですが
経済制裁という抑止力の、次のちからはいまのところ軍事以外に思いつきません。
もちろん使うための軍事力ではなく北朝鮮の軍事力脅威を抑止するための力としてです。
開戦を望むものではありません。

Posted by: 名村 | 2006.07.26 at 12:34 PM

付け加えていうと
国連で採択された北朝鮮非難決議は「制裁を含んだもの」ではなく「制裁を含まないもの」でした。
中国とロシアが「制裁を含む」ことを拒んだとのことですが
それによって決議の持つ抑止力はかなり減じられているように思います。
逆説的に言えば、日本が望む、もしくは必要な北朝鮮に対する抑止力は
中露によってもたらされなかったともいえます。
経済制裁と軍事制裁の中間くらいに、国連による非難決議があるような感覚ですが
その効果を中露が結果的に薄めたことによる影響はどこに出てくるでしょうか?
たとえば、中露が責任を取る形でによる制裁をするとか。
たとえば、国連決議に変わる抑止力を日本が持とうとするとか。
その場合、軍事もしくは情報収集力の増強に他なりません。
自国で持つのかアメリカに拠るのかは別にして。

蛇足ながら重ねて言ってしまいますが
決して軍事行動に出たい、出るべきだといっているのではありません。
どちらかというと、なんで軍事行動の手前で効果的な解決の道がないんだろう?
中露という大国はなぜそれを阻むんだろう?という疑問です。
何の解決かというと、朝鮮半島の安定です。
それに加えて日本にとっては必ず拉致問題の解決がセットになっていなくてはならないものだと思うのです。

Posted by: 名村 | 2006.07.26 at 05:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/10930650

Listed below are links to weblogs that reference テロリスト呼ばわり:

« ニュースの読み方 | Main | 牛丼の話 »