« 一つ穴の狢(むじな) | Main | ほとぼりがさめるまで »

2006.12.16

たとえばウイニー

例え話は好きではないが
わかりにくい物事を理解するときは有効と思う。
たとえば
ウイニーという「ファイル共有ソフト」を作った「プログラマー」が著作権侵害を助ける結果を招いたとして
「著作権侵害幇助の罪」に問われる。
これは、
「エロ漫画」を描いた「漫画家」が世の中の風俗秩序を乱す結果を招いたとして
「痴漢幇助の罪」に問われること、と同義と考えられる。
考えれるけれどそれが正解かどうかは知らない。
何故ならエロ漫画自体は罪ではないけれど、ファイル共有ソフトは罪かどうか?というとよくわからない。
そりゃあエロ描写の程度にもよるだろうけれどちゃんと可不可の境界線はあります。
局部を鮮明に描写しちゃいけません、とか。
ではファイル共有も程度問題だとすると、やっちゃいけないことの境界線はどこにあるのだ?
新しいテクノロジーだけに誰にもわからない。常識がないんだもん。
局部の鮮明描写がだめなのはそれが常識だからですよね。
常識を破っちゃうと困る人が世の中に多いから、それはダメなんです。
コンピュータデータファイルを共有することは新しい事柄だったので
エロ漫画を抑えるようなことが、世の中にできなかったんだな。
で、新しいコンピュータという技術はあっという間に普及したし、
扱い方の知識やその常識の共有もままならない間に
ウイルスという悪玉ソフトウエアもついでに普及して、
結果的に個人情報などの局部がでちゃったということか。
どこまで描いたら怒られるのかを知らずに描いちゃったエロ漫画家を罪に問うことが
できるのか?という事件と思えば分かりやすいのかね。
どうなんでしょ?

ところで
僕はウイニーというソフトのことは基本的によく知りません。
以前、家人が知り合いから「タダで映画が観られるソフトがある」といって
もらってきましたが、すぐ削除しました。
なぜかというとモノの貸し借りには礼儀があって、
どこの誰だか知らない人のものをタダで勝手に借りてくるのは
失礼だと思ったのです。
借りるときには「貸してね」というお願いの一言と
「これ観てみ、面白いから」という貸し手の思いというお互いの接点が大事だと思っているのです。
その点で常識に反するフリーソフトだなあ、という第一印象でしたが
同じように僕の持っているものを誰だか知らない人が勝手に持って行く仕組みなのですから
考えようではかなりフェアなソフトでもあるとも思います。

こういう認識で合っていますか?
なんだか新しいテクノロジーの問題ではなくて
扱う人間の道徳問題のような気がしてきました。

|

« 一つ穴の狢(むじな) | Main | ほとぼりがさめるまで »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21483/13087306

Listed below are links to weblogs that reference たとえばウイニー:

« 一つ穴の狢(むじな) | Main | ほとぼりがさめるまで »