2006.03.21

盗んだバイクが走り出す

情報漏洩があちこちで事件として取上げられているが
疑問に思うことがある。

まず、情報が漏れる本当の原因は何か?ということである。
ウイニーとやらが悪者扱いされているが、
これはファイル交換ソフト(もしくは共有?)ソフトであるということなので
他人のファイルを見られるかわりに自分のファイルも見られてしまうという
考えようによっては割とフェアなプログラムなのではないか?
要は使い方扱い方なのではないのか?

もう一つはウイルスとやら。
なにがどう作用しているのかよく知らないがコンピュータも風邪をひくのだな。
で他人にうつすこともあるのだ。
問題は本当の風邪のウイルスと違って、それが人為的に作られていることと
やたら種類が多くて増殖していることだな。
ワクチンが追いつかない。

で、この二つが揃うことによって持ち主の知らないうちに
ネットにつながったケーブルから
パソコンの中身が他人のパソコンから見られるもしくはコピーされるらしい。
ウイルスもそうやって広がってゆくと。

ここで疑問に思うのが、この場合なぜ情報漏洩が判明したのか?である。
具体的な被害があったのかね?
防衛庁から漏れた情報でスパイを取り逃がしたとか
警察から漏れた情報で泥棒にスキをつかれたとか
ドコモから漏れた情報で迷惑メールが増えたとかね。
最後の奴はありそうだな。
そういう報道はない。実被害から分ったのではなければどうやって分ったのだろうね。

僕は他人とファイルを共有する趣味がないので
ウイニーを使っていない。
以前家人が人に聞いてパソコンに入れたことがあったが
すぐ削除した。
なんだかそのころ韓国ドラマのファイル交換が流行っていたようだが
誰だか知らない他人から音楽なり映画なりを回して貰うのは嫌だった。
モノを借りたり貸したりするにはそれなりの礼儀がある。
見られて困るファイルはあまりなかったが
他人のファイルを借りるやり方としてウイニーを使うのは嫌だったのだ。
おかげさまでいまのところウイルスが元と思われるトラブルにはなったことがない。
僕のパソコンから情報が漏れたところで
このページの原稿がわさわさでてくるくらいだぜ。

モノは使いようなので
情報漏洩の一番の原因は情報を扱ってる人間なんじゃないのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.24

Live August

liveaugust


もうじきこれがDVDになって出ます。
いや、ほんとに出るんだろうか?
もしそれが本当ならば、とてもうれしい!

ラストライヴ!昭和62年8月5日渋谷エッグマン / ローザルクセンブルグ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.11

解散の話

散開
昔の話で恐縮だが
イエローマジックオーケストラが止めるとき
「解散」と言わず「散開する」と彼らは言った。
なんとなく意図するところが知れる。
解いて散るのではなく、散り開くのだ。
で、いいと思う。

僕はアーティストという人種は、基本的に何をやってもいいと思っている。
それはその始まりが、多分好き嫌いから始まっているからなのだと思う。
音楽でも絵でも何でもいいけど
好きで始めたものが認められてたまたまそれで食えているのだ。
好きなことで食えるってことはそれだけですごいことだが、
でも食えるってことは「市場」があるということだから
市場におもねることで「ゼイタクに食うこと」が大事なことになっている人たちもいるだろうけれど。


で、コイズミが解散をした。
まず参議院での表決結果を衆議院に反映させる理屈が理解できない。
自民党内の対立議員の選挙区に、自民党自らの対立候補を立てるという
「下品な」事まで臆面もなくする。
と思えば、対立議員の側は自ら潔く自民党を辞するでもなく
「自民党を愛している」などとこれまた臆面もなくいいつつ反発する。
野党はそろって「存在感のアピール」のみに留まり打って出る覚悟を見せない。

何が行われているのか
どこを目指しているのかますますよくわからなくなっている。
郵便局の民営化がなぜ双方譲れないか、ぼくにはちーともわからないぞ。

まあとにかく選挙なのだが
ちゃんと誰が何をしたか覚えておくことが大事だと思うのだ。
自分の主政策が覆ったからといって可決判断を下した衆院を解散したコイズミや
派閥領袖を辞めるといったのに選挙になったとたん翻したモリや
党を割るほど反発したのに自民党に留まる反対派議員や
選挙を戦えないからといって社民党を出た党副代表もいたな。
それに、いまさらツジモトやムネオや自殺した議員の奥さんを担ぎ出す政党や
のこのこ出てくるその本人たち。

何でもありはパンクロックシーンでは当たり前だが
デストロイにも程があると思うぞ。
まったくキミたちと同じリズムでは踊れないな。
いったいキミたちは何が好きなんだい?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.04.28

イマジン その3

JR西日本の脱線事故についてなのだが
報道の仕方とかメディアの取上げ方には
少なからず疑問に思うところはある。
しかしながらそれを置いておいて
いずれにせよ事故を起こしたJRに一番の責任があることは間違いないのだろう。

軌道の上を走るからといって
電車でさえ全くの安全ではないのだ。
だからこそ想像力を働かせて
「自分の怠慢が人を殺すかもしれない」と思わなければならない。
どんな仕事も人を殺すことができる。
言い替えれば
「あなたの他愛ないミスが死人を出す事故を引き起こすかもしれない」のだな。
おれもおまえも、ひとごとではないのだ。

イマジン

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.16

ローザルクセンブルグ

2/12 京都・拾得にて「RosaLuxenblug night Ⅱ」というイベントにいってきました。
ローザルクセンブルグというバンドのファンが
集まって楽しもうという趣向なのだが
そのローザは87年に解散してしまっているくせに、いまだに僕の大好きなバンドなのだ。
どんと(Vo.)と永井さん(B.)がその後在籍したボガンボス
リスペクトを公言する有名ミュージシャンも多く
もちろん僕も大好きなのだが
どっちが好きか?といわれるとどうしてもローザなのだな、僕は。
いや別にどっちが好きかなんて誰にも訊かれないんですけどね。
音がどう違うとかリズムがなんとかなんてのは
詳しい人にお任せしといて、
僕にとってはローザは「出会い頭の奇跡」みたいなバンドなんです。
なんだか濃いひとたちが出会い頭でやっちゃったみたいなバンドという感じなんですよ。
いや、ほんとのところは知りませんよ。本人たちにそんなこと聞いたことないし。
対してボガンボスは、明確に「こんな音楽をやろう」という意図があってできたバンドですね。
狙いどころが比較的明確。
いうときますけどね、どっちもすばらしいんですよ。
ただね、あんな奇跡がよく起こったなあって
いまだに思うのよね。
それを二十歳位の僕が聴いて勝手に盛り上がっちゃったんだなあ。
FMでたまたまかかった「だけどジュリー」っていう曲にやられちゃった。
当時手頃になってきたCDプレイヤーをやっと買って、初めて買ったCDがローザ1stの「ぷりぷり」。
もうそればっかり聴いてましたよ。だってそれしか持ってないんだもん。
わははは。

で、ファンが主催したこのイベントは
すばらしいトリビュートバンドが3組と
元メンバー玉城さん(G.Vo.)のバンド・マチルダロドリゲスが参加して
大変に盛り上がりましてね。
「橋の下」っていう名曲があるんだけども全バンドこれをやるという爆発ぶり。
いやー、おんなじ曲4回も聴いてもぜんぜん飽きない。
楽しい夜でした。
いまだにこんなに好きでいられるバンドってすごいよなあ。


rosa2
*イベント当日の資料は何もないので Rockin'on '87.1より
セカンドアルバム「RosaLuxemblug Ⅱ」広告をどうぞ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.02.07

TSUNAMI以降

サザンオールスターズの話である。
このところのサザンオールスターズの曲は
どれも同じに聞こえて区別がつかなくなってきた。
とうとう俺は頭の中までジジイになって、感性が鈍ってきたのか?
若者の時代が過ぎてしまったのかと、内心しょんぼりしていたのだが
勇気を奮っておそるおそる家人に訊いてみるとあっさり
「アタシはだいぶ前からそうよ」
おお、やっぱりそうか!
クワタ節などと呼ばれ確かにずいぶん長い間シーンにその地位は揺るがず
昔から格好いい曲を連発していたのだが
TSUNAMIくらいからか「手癖でつくってるなあ」という印象を持っていた。
いかにも「謹製・桑田佳佑」という感じ満載で
安心はするが面白くないのだ。
プロモーションビデオなどは凝りまくりで楽しいのだが
曲自体はどれを聴いても同じ唄に聴こえる。
以前は違ったんですけどね、もっとパンクな感じがして。
バンド自体のセールスが大きくなりすぎてるのか
活動の印象は“バンド”というより老舗の劇団みたいになってるもんなあ。
まあキャリアが長くなるとある程度仕方がないのかもしれないけど。

と、アーティストのせいにしたのだが
もしかしたら「我が家がそろってジジイとババアになっている」かもしれないことは
言わないことにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.26

BO GUMBOS

bogumbo_1


おめでとう!ボガンボス!

bogumbo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.21

満月の夕

DSC02213

1/16 神戸長田神社の「つづら折れの宴」というイベントにいってきた。
10年前の震災被災から元気を取り戻すために行われたイベント。
何回目かはしらんがこのたびは震災10年目ということ。
1回目当時、僕はそれどころではなかったので知らないが
たぶん同じ盛り上がりをしていたのではないかと思わせる空気だった。

決して悲愴ではない、たくましい、それでいてやさしい、
いろんなひとが思い思いに楽しんでいた一日がある空間であったと思う。
震災は大きな悲劇を僕たちにもたらしたが
こんなことでめげてはいけないという勇気を僕たちの中にもたらした。
たぶんミュージシャンはノーギャラで、
運営するのはボランティアで、
観に来る人はわきまえて。
この世の理想がすこうしだけ現れたあの日あの時なのだな。

あんな目にあったのだから
おつりのひとつでももらわないといけない。
いや、そうでも思わないとやってられないのよ。

ありがとうありがとう。


追記
参加ミュージシャンの方々
ちんどん通信社/おーまきちまき&のむらあき/内海洋子/メガマサヒデ/
パクウォンとゆかいな仲間たち(サムルノリ)/小嶋さちほ/森 俊光(沖縄民謡)/
朴保+Sassy Tomo/ザ・ボートレース/山口 洋/石田長生/キンタミーノ/リクオ/清水芸人/桃梨/ソウルフラワーモノノケサミット

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.12.09

イマジン その2

8割が「処女懐胎本当」 米国民の信仰浮き彫り

これを「信仰が深い」というのは
キリスト教に気を使いすぎのような気がするなあ。
科学的論理的な思考よりも神話のようなものを優先することが信心なら
そりゃあ異教徒の間で戦争も起こるわな、
「俺の神とお前の神は違う」んだから。

想像力の欠如と思考の停止は同じくらい危険だと思っていたのですが
想像がいき過ぎちゃったところで思考が停止することは
さらに危険だと再認識したような感じです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

イマジン

ふと思ったのだが
どの職業でも仕事上の道具で人を殺すことは可能なのだ。
たとえば板前さんは包丁を持っているし、
運転手さんはトラックでも乗用車でも人をひき殺すことができる。
スーパーの店員だったら、
売り物の食料品を不衛生にすることでお客さんに害を与えることができる。
建築屋が手抜き工事をすれば家がつぶれて人が死ぬ。
区役所の人なら重要書類を操作することで市民に大きな影響を与えることができるし
相手が生活保護とか補助金とか受けてる人なら
それが切られることが生死に関わることだってあるだろう。

想像力働かせすぎ、とも思えないこともないが
現実にそういうことはあると思うのだ。
政治家は自衛隊に「イラクへ行け」と命令できるし
北朝鮮に拉致された被害者やその家族を左右することができる。
医療に関係した職業などは常に人を殺す危険を持っている。

さあ、みんな想像してみよう!
自分の仕事ならどうすれば人殺しができるか?
そしてもっと畏れよう!
あなたのいい加減な仕事が、もしかしたら人を殺すかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

diary | music | news | エンターテイメント